b1296 英語

ちなみに島では、食器のちゃわんもマハンと言う。
また島の方言で、ほとんど当てはまることだか、複称、総称の場合、単称の単語に、ERをつければ事が済む。
その点は、どうも英語と同じだ。
例えば、バカな奴、あほな奴を方言でいうと、プリムン、になる。
複称、あるいは総称して言うと、それはERを付けて、プラーになる。
わんぱく小僧の事を、ヤマング、と言う。
複称、ないしは総称すると、ERをつけてヤマンガアー、になる。
太る、というのは、パンタル、と表現する。
太った人達、と総称すると、やはりERをつけて、パンタラー、になる。
日本国内に、理解しがたい、日本人がいた。
しかし、日本人のルーツかもしれない・・・
日本南端の島は、ERだらけだ。
逃げるは、ピンギルだが、逃げ足の速いやつ、ピンギヤーだ。
極めつけの方言は、働くだ。
働く事は、石器時代の昔からあっただろう。その言葉が、ものの見事、英語のワークと、同じだ。
働く、それは、方言でも「ワーク」である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント