アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
火 風
ブログ紹介
沖縄には50年に一度 吹き荒れるという。
戦火、山火事、大火でもない。火種が無くて吹き荒れる悪魔の風
 火風の正体とは。そこに現れるミミズ男の正体とは?
zoom RSS

m1411 禅の境地

2019/06/21 01:23

その行為を20分程していると、おそらく本当に今まで経験したことがないくらい頭の中が空になるだろう。
それこそが本当の、禅の境地と言えるのではないだろうか。
ゆっくりと目一杯パンパンになるまで息を吸い込む、そしてゆっくりと雑巾を絞るように最後の1滴まで息を吐く、
その行為を30回程繰り返し、その後はゆっくりと吸い込み、またゆっくりと息を吐く行為を20分程繰り返していると、
ほとんどの人が禅の領域に入る。
大事な事はその後である。果たして今まで生きてきた自分はどうだったのだろうか、
己の人生ドラマはうまくワンカットワンカットが作れているだろうか。
鼓動との対話が大事です。
母は何のため10月10日も体内であなたを育み、そして何のために乳を与え、おむつを取り替えて育てあげてきたのだろうか。
己は母の期待に答えられているのだろうか、母に本当に心底誇れる自分なのだろうか。
己との対話、鼓動対話が1番重要ではないかと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


c1177 サメに助けられた男

2019/06/21 01:04

多良間真牛(たらまもーしー)の伝説として、日本の伝説沖縄編に、しっかり位置づけされており、素晴らしい掛け軸と、当時の状況を克明に記述した古文書が今に残されています。
ジュゴンに助けられた伝説は、北欧諸島にあるとのことですが、サメに助けられた伝説は、どこにもないとのことで、国内外より、民話伝説等の研究者が、調査にくる貴重な物語です。
何を隠そう、この話は、わがひかる家に代々伝わる伝説で、掛け軸に使われた色や図柄などの調査結果から、描写の技法は、琉球王朝の絵に源流があり、色は当時の八重山地区では出せない、島では作れない、紛れもなく琉球王朝より、贈られた物だとの事。
琉球王朝の風は、南の島のひかる家にまでささやかに訪れ、わが家は、由緒ある家柄でした。
そしてひかるは、サメに助けられた伝説、五代目の子孫。
末代まで、サメを傷つけてはいけない!
食してはいけない!という家訓があり、サメを神様として崇め、供物を絶やしたことがありません。
なにげなく仲間と酒を酌み交わし、注ぎつ注がれ、フカのヒレ酒だと言われ、急いで戻しましたが、後の祭り。
翌日は、飲み過ぎたのか、祟りなのか、1日中頭痛がしていました。
ご先祖様に陳謝! 陳謝!
(多良間真牛の伝説は、平成5年、2月26日付け中日新聞、3月29日付け東京新聞に、日本版ロビンソン、クルーソー物語として、大きな紙面で、取り上げられました)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1410 座禅

2019/06/20 08:24

座禅と言う言葉がある。
禅と言えば、あぐらをかいて体のバランスをとって行うもの、と言うふうにおおむね解釈されているが、
私は禅と言うと寝禅が1番ではないかと考える。
寝た状態で足を半開きにし、軽く胸に手を添える。
この状態こそが体の関節や臓器すべてに均等に重力がかかる。
人間は生きている間かなりの時間寝ている時間がある、その時間は節々や関節や臓器に重力がかからない事になり、
そのこと自体が人間が1番休まる時間だと考える。
騙されたと思って一度行っていただきたいのは、夜寝るときに目を軽く閉じ、
両手を胸に軽く添えるとかすかに鼓動が感じられるであろう。
その状態で目一杯息を吸い込み、そしてまた最後の1滴まで雑巾を絞り出すように息を吐く。
それを30回ほど繰り返してみよう。
今までに経験した事がないくらい体全体が軽くなり、頭が空になるだろう。
そのまま軽く目を閉じた状態でしばらくゆっくりと息を吸い込みゆっくり吐き出す。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1409 女牛若丸

2019/06/20 07:23

そのうち子供が生まれると次々と牛の乳を飲ませて育てるようになり、結果的に牛若丸が次々と誕生したのである。
名前を呼ぶのに牛若丸五号、牛若丸六号、なんてことになり、このあだ名は不都合が生じ封印されてしまったが、最初の子は元祖・女牛若丸と呼ばれた。
島には川は勿論、水たまりも橋も欄干もない。
牛若丸はピョンピョンどこを跳ねていたんだろうか。
石垣を跳ね飛んでいたのだろうか。
石垣を飛び交う牛若丸・・・絵になるなあ〜
子供は島で育つと年頃に島を飛び立っていく。
女牛若丸は飛び跳ねすぎたのだろうか。アメリカへ渡って現地で結婚。女の子二人をもうけた。
娘が大学の卒論にと自分のルーツを求め島を訪れた。やはり顔は母親そっくり。
島ではその日のうちに伝令が走った。
女牛若丸が島に舞い戻ったぞーと。
当の本人は何んで自分が牛若丸なのかチンプンカンプン。
娘はアメリカと日本の架け橋たらんと東北へ赴き、震災後の復興に取り組む。
アメリカからのボランティア受け入れ窓口として日本語英語で活躍しているとのことです。
日米の架け橋の欄干で牛若丸はぴょんぴょん跳び跳ねていた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1408 クリーニング屋

2019/06/20 03:23

アイロンがけは評判もよく、クリーニング屋は大繁盛。
いつの間にか全国にチェーン店を持つ、大きなクリーニング屋さんになったそうだ。
そして女の子誕生。ばーちゃんとなってしまったアイロン娘は、いつも孫に我が家の家宝はアイロンだぞと話しているそうだ
方やゴキブリ娘はとうとう両親も他界し、今でも一人で相も変わらず奇声を発しているそうだ。
そしてその家は名実ともにゴキブリだらけ、ゴキブリ館と呼ばれているそうだ。
あだ名は体を表すのかな・・・・・
島ではその人の特徴を捕え、ユニークで覚えやすいあだ名を付けて呼ぶ習慣があった.
ひかるが生まれた当時、島では母乳が出ない場合ヤギの乳を飲ませた。
のちに冷蔵庫も普及し幼児に牛の乳を飲ませる習慣が入ってきた。
女の赤ちゃんが生まれ、不幸にも母親が亡くなってしまった。
島の人は見たこともなかったが、その子に牛の乳を飲ませて育てた。
そして女の子だったが島の人たちはその子の事を、牛の乳で育ったので牛若丸とあだ名を付けて呼んだ。
女牛若丸誕生だ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1407 アイロン娘

2019/06/20 02:23

南国の小さな島の人達は普段、作業着姿で取り立ててオシャレなど無縁な話だ。
20歳になったばかりの千恵子は、育ちの良いオシャレな女の子である。
洋服はいつもピシャリとアイロンがけをし、周りからも羨ましがられる存在だ。
いつの間にか千恵子は、アイロン娘と呼ばれるようになった。
隣村に同じ歳の容姿淡麗、千恵子に勝るとも劣らない一人娘の町子がいた。
どういうわけか町子の前を通ると、時々奇声を発するという。
なんで奇妙な声を出すのかと聞くと、町子はゴキブリが大嫌いでゴキブリを見ると、ほうき片手に格闘するという。
案の定、町子はゴキブリ娘と呼ばれるようになってしまった。
この島では本名よりあだ名の方が羽振りを聞かせる。
アイロン娘、そしてゴキブリ娘と二人は呼ばれるようになってしまう。
このあだ名が命運の分かれ道だったのだろうか。
アイロン娘は早々と結婚するが、ゴキブリ娘は嫁の貰い手がなく、とうとう行かず後家になってしまった。
アイロン娘は可愛い女の子を授かるが、血筋なのかその子もまたアイロンが好きでいつもアイロンがけした洋服を着ていたそうだ。
年頃になり美容師の勉強をする、と東京へ出る。
そして結婚をするが、何と嫁いだ先がクリーニング屋だったそうだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1406 黒島の民話・1

2019/06/20 01:23

ニワトリが朝に泣く訳
むかしから神様は人間が大好きでした。
でも人間は朝寝坊で、神様はなんとか早起きをさせ働かせたいと思いました。
そこで鳥たちにその役目をさせようと考え、集合の命令をかけました。
まずアカショウビン。とても美しく泣くけれどうりずんにしか鳴かないから不合格。
カラスは大声だけど朝寝坊。太陽が昇ってから泣くので不合格。
コウモリは夜のうちから飛び回るが、明け方にはほら穴に逃げていくので不合格。
ニワトリは一番鶏が二時、二番鶏が三時、三番鶏が四時から夜明けまで鳴くし、声も美しいので、神様は朝に泣く役目はニワトリ、とすると決めました。
それで今も、ニワトリは神様の言いつけを守っているのです。
黒島の民話・2
牛に上の歯がなく、馬に角がない訳
むかし、牛には上アゴにも歯があり、馬には立派な角がありました。
神様は人間が大好きなので、力の弱い人間の働きすぎを心配し、牛や馬を働かせようと思いました。
そこで牛と馬を呼び、人間の手伝いをしなさい、と命じました。
ところが歯のある牛は、イヤだ、人間なんかこの歯で噛んでやると。
角のある馬は、イヤだ、人間なんかこの角で突いてやる、と答え神様の言うことを聞きません。
そこで怒った神様は、牛の上の八本の歯を折り、馬の自慢の角を折りました。
それでも馬は、角がなくても後足で蹴ってやる、と言ったので神様はナタで馬の後足を叩きました。
それで馬には、ヒズメにその傷跡が残っています。
まだ人間を手伝わないなら、もっとひどい目に合わすぞ、と神様がおどしたので人間の手伝いをするようになりました。
出所・・「なぜなぜ八重山の民話」発行・大石直樹氏より転載。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1405 ど音痴

2019/06/19 08:23

どんなに素晴らしい文書でも人に見てもらえなかったら意味ないぞ。
早もの勝ちだぞ。
文系に無縁な人でもブログで書きまくろう、とんでもない結果がでるかも・・
文章とは貴方の深層心理、幻でもいい、奥に潜むシーンを第三者に分かるよう活字を並べればそれで済む。文法、作法なんて考える必要なし。
皆さんの周りにカラオケで、よくぞこれ程はずれるのか、どうやったらそこまで音程をはずす事が出来るのか、どうしてもそのど音痴は真似が出来ない、という人がいるはずだ。
乙女の木登り
だからカラオケが面白く味がある、というものだ。
ひかるは上下左右、どこから見ても文書ど音痴と言えるかもしれない。
がしかしひかるは超売れっ子作家顔負け、赤ペン入り丸めたわら半紙が部屋に所狭しで格闘する。
やけのやんぱち、存分に書きまくってやるぞ!
仰げば尊し、我が師の恩・・
仰げば尊し、乙女の木登り・・
仰げば目に毒、屋根屋のフンドシ・・・
ガガ〜ン ?!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1404 父狂った

2019/06/19 07:23

我が家では女房と娘が台所で握りを頭の上でパッと開く、また目が会うとその動作を繰り返しニタニタする。
どうも父狂ったの合図らしい。
自慢じゃないが、もともとひかるは本を読んだことがない、と言っていい程文章とは縁がない。
部屋には一冊も蔵書がない、あるのは一冊、百円ショップで買ってきたスピーチの小冊子のみ。
高校は理系に行きたかったが南端の高校にはなく、やむなく商業科を出、出遅れ人生で、闇雲に好奇心の追求のみ。
休日はゴロゴロ這いずり、トド様と呼ばれる。
ITの世界に革命が起きているからとて、物書きを始め個人放送局を立ち上げる、と挑戦する事自体おかしい。
本当に狂ってしまったのだろうか、と自分でも思う。
がしかしまてよ、やってみなければ答えは出ないだろう。
試行錯誤しながら、このサイトは四百万ビュアー突破しているぞ。
世の中には物書きを目指す人、やっている人達は何をしているのかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1403 ノーサングラス

2019/06/19 03:23

北欧の青い目の人が、この島だけは眩しくて住み着けない、とかなり濃い水中メガネ状の光の漏れないサングラスをして観光している。
本土の人が島へ行くと、眼科で瞳孔を開く薬を使用した状況で、ノーサングラスでは無理だ。
そんな中、裸眼で海辺で遊ぶ子供を見ると納得。
典型的なタレントで、南沙織さんなぞは瞳の黒さ分かるであろう。
往年の大空まゆみや、夏川リミや仲間ゆきえ、宮里藍、石田ゆり、ひかり姉妹など、テレビで見るより実物を見ると、なるほど、と八割がた納得するだろう。安室奈美江もいたな・
これまた、大発見、黒い瞳の情熱的な沖縄ミドウン(女性)
最近沖縄人のゴルフや高校野球など、屋外での小さな球技での活躍は、たぶん視力もプラス要因になっているかも?
特に陽射しが厳しい夏、ゴルフで沖縄ミドウンが活躍するが、野外でボールを見、焦点を絞った時、輪郭や凹凸、本土の女性よりはっきり見えるはずだ。
そのうち卓球でも沖縄ミドウンがデビューするでしょう。
沖縄ミドウン
命短し、恋せよ男!
行こう、沖縄へ!
骨密度を研究している人が、沖縄出身者は魚貝類を食べているせいか、日光のせいか高い、との事。
瞳を研究している人いないな...
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1402 沖縄の瞳

2019/06/19 02:23

皆さん、沖縄出身のアイドルと本土出身のアイドルでは、一つだけはっきりした違いがある。
さて、何んだろうか?
ほとんどの人が気付かないだろうが、実は瞳の黒さが違う。
沖縄女性は黒さが濃い、いわゆる瞳が本当に黒いのである。
白みは本土の人と変わらないので、濃淡がはっきりしていて、強烈に情熱的な感じを与える。
もし、本土の男性がこの黒い瞳で見つめられると、たぶん、イチコロだろう。
夜の渚で一番星が映える、と書いたのはこの事だ。
いや、私は間違った事を書いている訳ではない。
代々、沖縄のDNAを持っていれば、紫外線、直射日光などで、必然的に瞳は濃くなるのだ。
雪焼け、という言葉がありゴーグルを使う、沖縄は夏場だけでなく、年中真っ白い砂浜、海面反射と日光だ。
子供はサングラスをするはずもなく鍛えられ、先祖から徐々に濃い瞳を引き継いでいくのだ。
子孫を保存するうえでも、いやがおうにも、瞳は黒くならざるをえない。
子孫を残すため、女性の瞳が濃ゆくなったのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1401 カギ探し

2019/06/19 01:23

夕食は、大広間で其々膳をとる。
じーさんは食欲おおせいで、ばーさんの善にまで箸を出す、二度もご飯のお代わりを大声でとる。
翌日の夕食は、さすがに中居さんも心得、おひつごと置いていった。
三日目、午後3時出発とあって、昼食後、帰る前の温泉で混雑していた。
すると、女の声がする。
混浴ではないぞ?
よく見ると、あの石臼ケツのばーさんだ。
じーさんと二人、ゆかた姿、おまけにスリッパびしょびしょのまま。
洗い場を端から端まで点検、部屋のカギがないとの事で探している。
とうとう二人は浴槽を見定め、この中にあるはずだ。
温泉を抜こうと手に手をとって行動開始。
おい! 全員風邪を引くぞ!
割腹のいい年寄りが、とうとう切れた。
お前ら!フロントヘ行け!
何も悪い事してないのに何んで怒るのよ、とすごすご退散。
この分だと帰りのバスで何か起こるな、と期待していたが二人でゴーゴーといびきのハモリ。
息が合う、麗しき夫婦愛。
しかし、やはり事件は起きた。
上野へ着くとじーさんは、ここは自分の家ではない、自分の家は川治温泉だ、すぐに引き返せと言い寄る。
ばーさんは一泊しかしていない、もう一泊あるからすぐに引き返せ、と。
麗しき夫婦愛。
例のじーさんが再度切れた。
運転手の首根っこを捕まえ、こいつらここで降ろせ!と。
この二人今夜中に家へ帰れるか、カギは?
素晴らしい映画のクライマックスシーンを時間切れで見れない感じで後ろ髪を引かれる。
終点、新宿まで行って結末を見たかった。
老夫婦、二人でボケれば、敵なしだ!
老夫婦、二人でボケれば、キミ麻呂だ!
老夫婦、二人でボケればメルヘンだ!
老夫婦、二人でボケれば極楽だ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1400 ボケ法

2019/06/18 08:23

30年間もオカマを通し、女に成りきった男がいた。
酒の席で、色気も全く感じられない、お前は女に成りきれない、男だ、と言われる。
ボケも入ってきており、感情の上下が激しくなっている男は、相手を刺し殺した。
さて、問題はこれからだ。
心身共に女になりきって、殺人までおこしたこの人物を、男部屋に収監したら、罪になるのか・・
女部屋に収監したら、罪になるのか・・
皆さんで酒の肴に、議論してほしい。
いずれ貴方は、裁判員になる可能性がある。
今の内から、勉強しておこう。
ケツ捲くり
二泊で川治温泉ツアー旅行へ行った。
ウイークデーとあって老人だらけ。
新宿発、上野経由で上野から乗った。
高速道路で、予定外にお客のトイレタイムをとるとのアナウンス。
70歳くらいのばーさんがパンク状態で路肩へ降りると、後からじーさんが付いていく。
もどかしくガバッとケツを捲くると、これまたタイミングよくじーさんが傘をパッと目隠しに広げる。
あれれ?
透明のビニール傘、まる見えだ。
ワッと言うどよめきと溜息。
スッキリしたばーさんは、じーさんと手を取りニコニコ顔。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1399 山本さん

2019/06/18 07:23

老人大国、平日、喫茶店に行き、タバコをふかしていると、スリ硝子で仕切られた禁煙席に、ばあさん軍団が、けたたましく入ってきた。
耳が遠いのか、親分肌のババーが、店内に響きわたる声で、しゃべくっている。
ねーねー丁目の山本さん、バイドクじゃない。
バイドクは、頭が禿げるんだって・・
子分・・それって、エイズの事じゃない。
そうそう、そのエイズよ・・
若い頃、東南アジアへ単身赴任。今は、奥さんとも、うまくいっていないみたいよう・・
と、山本氏の話題で、大変な盛り上がりようだ。
その内、私の隣にいた、かわいい毛糸の帽子をかぶった男が、ソワソワ動き出した。
親分の前へつかつかと行き、バサーと帽子をとり、一人一人なめ回すように、睨みつけたのだ。
そう、話題の山本氏だったのだ。
殺傷事件が起きかねない、異様なる雰囲気である。
山本氏の後姿は、肩まで怒り狂っているようで、勘定を払って出て行く。
その後姿を見送ると、親分肌のばあさんは、前にもまして、大きな声で言い放った。
何もエイズだと、決め付けた訳でもないのに、失礼だわ!
睨みつけられる覚えは無いはずよ、と。
おい! ばあさん、あんたに反省の気持ちは無いのか・・
ボケも入ってきているのであろう。
老人大国の日本、そろそろ、ボケ法の制定をしないと、国はなりいかなくなるぞ・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1398 老人天国

2019/06/18 03:23

スポーツクラブで泳ぐのを日課にしているが、平日のクラブは老人天国だ。
サウナに入った後、平面ガラス張りの広い部屋に10人が腰かけられる総鏡張りの前で、ドライヤーが使えるようになっている。
何気なく見、腰が抜ける程、ギョッとした。
ツルツル禿げのじいさんが3人、その前でツルツル頭にドライヤーを当てているではないか。
鏡に映る顔と、ツルツル後頭。
ガン首、シャレコーベが六つ並んで、しかも裸体で、こっちを見ている光景に見えたのだ。
一瞬、あの世へ来てしまった、と感じ、心臓が止まる思いだった。
異様なる光景とは、その事だろう。
何も毛の無いツルツル頭に、ドライヤーを使う必要ないだろう。
せっかくエコに到達できたのに、電気代の無駄だ!
自宅では、ドライヤーを使わないだろうに、タダだからと言って何の意味がある・・
ヤケドするだけだぞ・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1397 垣根がない

2019/06/18 02:23

時代の潮目としてTVやラジオが一気に先端企業になったのである。
そして携帯、ブログの時代へ進んで来たのである。
TV等は国の免許が要る、がブログは垣根がない。
私が他人の家へ入れば即逮捕、しかしこの私のブログはもう既に貴方の家に侵入している。
トイレ、スッポンポンで風呂に入っても私のブログは侵入、貴方の体を舐め回している??
と言っても過言ではないだろう。
恐ろしい・・と言うか、世の中、すこぶる面白い。
これ程面白い道具を単なる日記で終わらせる訳にはいかない。
昔・コンピュータは国家や巨大企業の独壇場だった。しかし今は個人で持てる。
昔・電波は国家管理下にあった。今はブログで個人が自由に使える時代になった。
ビルゲイツがコンピユータソフトを考え出した状況以上に、目の前には巨大な市場、チャンスが広がっているのだ。
そうだ、個人で放送を初めてもまったく問題は無い。
だから言う、東大を出ようが時代の潮目を見れなければ、底辺を這うしかない。
このブログの、若者よ・・・をじっくり味わい、先駆者になろう。
革命だ〜
いや、いや、脳内爆発だ〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1396 実験

2019/06/18 01:23

この革命を見過ごすのではなく、乗る事、先取りする事が大事と思い、すぐさまブログを書き出した。
いずれブログはインターネットを超え、巨大市場が出来るはずだ、ライブドアや楽天以上の巨大企業が誕生するはずだ。そして子会社化されるぞ。
私はブログを単なる日記の延長ではなく、コンテンツさえ考えればとんでもない道具になる、と考え実験に乗り出した。
今、一年で九十万アクセスを確保。年末には百万アクセスも見える勢いである。
百万アクセスを確保出来れば、本格的な個人放送、携帯放送に切り替える積りだ。
若者よ! 未来は面白くなるぞ!
心して己を見つめ、とんでもない可能性へ舵を取ろう!
携帯はその内、本になり、サイフ、紙幣になり、世界地図にもなる。
チケットやカード、免許証や保険証代わり、音楽堂、むかし話、語り部であったり、更に国をも支配するかも知れない。
若者よ! 世の流れの潮目を見る要素を蓄えろ。
その昔、道路や高速道路が出来、物流が飛躍的に伸びた。
そして運送業などが台頭した。その後通信、電波が出現し、テレビやラジオなど・・
土地や建物は所有しても限界がある。しかし電波には垣根が無い。
土地を千坪持っていても、その上層部は天空まで自分の物とは言えないのであるが、電波は勝手に侵入する。家の中まで入って来るのである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1395 パンツ略奪

2019/06/17 08:23

と縋り付いての懇願。
帰り、スカート姿で駅の階段上下は出来ないとの事。
こう言う時こそ男にならなければ、と略奪されてしまった。
明美!もし蓋が割れ、お姫ちゃんが挟まれたらただ事では済まないぞ。
内鍵をかけられ、ギャーギャー騒がれたら救急車どころか、レスキュー隊だぞ!
翌日電話、パンツは後日のり付けアイロンをかけ返しますと。
バカ! 記念にやるよ、といってやった。
翌年末、明美はガンであっけなく他界した。
記念のアイロンパンツ履いてあの世へ行ったのかな・
合掌・・・
一昨年の6月、電車に乗っていてびっくりした。
二年前、いや一年前と車内の様子が激変しているのだ。
皆さん気が付いていたのか、殆んどの人が携帯を見ているのだ!
以前は携帯と言えば、耳に当てる物、と思っていたが、様子がちょっとの間に変わっているのだ。
メールであったり、ワンセグなのか、ともかく携帯が耳から目に変わっているのだ。
世の中に革命が起きているのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1394 懇願

2019/06/17 07:23

明美とひかるは高校時代からの友達で、郷里の会合などで時々会い、クラス会などでも二人は永遠の恋人同士だ、と言い合う、周りからも羨ましがられる、親しい友人関係であった。
年に一度の大勢の郷友会で、日曜昼間、一時頃からの飲み会。
舞台では郷土芸能や隠し芸など賑わう。
友人等の席を回り戻ってくると、四時頃だったか、明美が待っていたかの如く、腕にしがみつき、懇願する眼差し。
私、今マルバイ(ノーパン)なの。スースーして風邪引きそう・・と言う。
バカ、昼間っから誘って、どういう積もりだ! と言うと、あら 色気感じるの?
と茶目っ気たっぷりな会話。
話を聞くと、ビールを飲みトイレへ行くが、並んでいる。
こらえて我慢、急いでパンツを下ろし、バッシャーと行ったそうだが、ふたのまま、ストッキングを伝わり小水がかかとまで濡れたそうだ。
しかたないので脱ぎ捨てた。だからノーパンだとのこと。
あんた男でズボンだし、裏返しにするから、パンツ頂戴。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


m1393 マッチ発祥の地

2019/06/17 03:23

世の中時々ひょんな物に出会う事がある。
マッチ発祥の碑、なんて誰も知らないだろう。
あのタレントのマッチじゃないぞ。
場所は錦糸町、ひかる邸の近所だが、その碑がある。
名門高校だが、両国高校の敷地内に道路に面した所に、何気なく目立たない状態だ。
誰が、何んの意味があって、何んの為に、わざわざ金を出し建てたのだろうか。
訳が解らない・・・
マッチコレクター、興味の有る人、校内に入らなくても自由に道路から見れる、写真も撮れる。
錦糸町駅前のトイレ、気持ちよく放尿していると、中学生の集団がザワザワ入って来た。
右隣の子が満杯なのか、あせりにあせった挙句、ギャーと声を張り上げ「思いっきり、チャックに挟んだ、擦り剥けたよー」と・
左隣の大き目の子が、声変わりしたのか、低いトーンで、訳の分からない、意味不明の歌を歌い出した。
「タマネギむ〜けた、皮剥けた〜、涙が出たよ〜、お父〜さん〜・・」
禿げ爺ジーは、若い頃、皮の剥けた当時の喜びを思い出し、思い切り、ニタニタうなずいていた・
ジーさん、あんたは変態か?!・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

火 風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる