m1401 カギ探し


夕食は、大広間で其々膳をとる。
じーさんは食欲おおせいで、ばーさんの善にまで箸を出す、二度もご飯のお代わりを大声でとる。
翌日の夕食は、さすがに中居さんも心得、おひつごと置いていった。
三日目、午後3時出発とあって、昼食後、帰る前の温泉で混雑していた。
すると、女の声がする。
混浴ではないぞ?
よく見ると、あの石臼ケツのばーさんだ。
じーさんと二人、ゆかた姿、おまけにスリッパびしょびしょのまま。
洗い場を端から端まで点検、部屋のカギがないとの事で探している。
とうとう二人は浴槽を見定め、この中にあるはずだ。
温泉を抜こうと手に手をとって行動開始。
おい! 全員風邪を引くぞ!
割腹のいい年寄りが、とうとう切れた。
お前ら!フロントヘ行け!
何も悪い事してないのに何んで怒るのよ、とすごすご退散。
この分だと帰りのバスで何か起こるな、と期待していたが二人でゴーゴーといびきのハモリ。
息が合う、麗しき夫婦愛。
しかし、やはり事件は起きた。
上野へ着くとじーさんは、ここは自分の家ではない、自分の家は川治温泉だ、すぐに引き返せと言い寄る。
ばーさんは一泊しかしていない、もう一泊あるからすぐに引き返せ、と。
麗しき夫婦愛。
例のじーさんが再度切れた。
運転手の首根っこを捕まえ、こいつらここで降ろせ!と。
この二人今夜中に家へ帰れるか、カギは?
素晴らしい映画のクライマックスシーンを時間切れで見れない感じで後ろ髪を引かれる。
終点、新宿まで行って結末を見たかった。
老夫婦、二人でボケれば、敵なしだ!
老夫婦、二人でボケれば、キミ麻呂だ!
老夫婦、二人でボケればメルヘンだ!
老夫婦、二人でボケれば極楽だ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック