m1372 念仏踊


出来るだけのことをやり、詫びようと思ったのである。
詫びて済むような事ではない、明子が幸せになることを願い、手を合わせる日々である。
今日の金曜日も無言電話があり、明子は華やかな気持ちで踊り狂っていた。
明子の踊りには、願いが込められた、念仏踊である。
確かに、昭二のことは、大好きであった。
恋しい昭二、いとしい昭二は、いつの間にか徐々に遠いものとなりつつある。
昭二を思い浮かべると、孫をお風呂に入れる姿、乳母車で散歩、木陰でくつろぐ昭二の姿。
もう今となっては、思いを寄せたとて、叶わぬ夢となってしまった。
世の中を這いずり、惨めな生活を救ってくれた昭二、今では大事な、大事な恩人である。
遠のく恋心、不安でもある。
しかし、親にはぐれた子供が、親を恨み、親を恋しがる、
生きているなら、もう一度会いたい気持ち同様、昭二には、今の姿をもう一度見て欲しい。
今更交わる心は微塵もない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック