m1424 器用貧乏


学生の頃何をやらせても素晴らしい成績で、なおかつスポーツ万能なんていう人間がいるものだ
将来的にもリーダーとして素晴らしい活躍をするだろうと予測された人間が10年20年経って見ると大した事はなく、
もしろ成績が悪かったはずの人間が立派なリーダーに成っている場合がある。
万能な人間は世間に出ても普通に何でもこなす、いわゆる器用貧乏になってしまうのだ。
かたや成績の悪かったやつは自分に何か取り得がないものか、
一生懸命考え、自分なりの自分に合った道を選択肢する結果、10年20年経つと成績の悪かったはずの人間が
立派な人間になっているという事がある。
そういう点からしても私の主張する脳内酵母論、試しに検討してみても良いのではないだろうかという事である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック