テーマ:ミミズ男物語

c1024 財産

今でも辛い時は、傷跡を見、あの時の痛かった事、情熱をぶつけて頑張っていた時のことを思い出しながら過ごしており、以後、どのような試練が襲いかかろうとも耐えていける、という自信がついたのは、大きな財産になりました。 都内は交通渋滞で、定刻に会社へ戻れません。 神田の会社から、蒲田のテレビ専門学校まで、駅の改札やホームを一目散に、走りま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1023 指が腐る?

早速、翌日から職探し。 皿洗いや組み立て配線工、自転車での配達など経験しましたが、日給が5百円程度と安く、生計を維持するには無理がありました。 そこで、日給8百円で、なんとか生活可能な、トラックの助手の仕事を見つけ、会社の寮へ入れてもらいました。 毎日、鈴や亜鉛のインゴットを満載し、配達周りの力仕事でしたが、運転手は、荷物には何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1022 古本屋

売りたくない気持ちは山々、そうかと言って、飯を食べずに過ごすわけにもいかない。 ある一軒の古本屋に入り、買ってくれと頼むと、今はその本ありますから、とのことで、この本屋を出る。 この場になって、自分ではよく分からない程の、本に対する未練が出てきて、そのまま帰ることにした。 やっぱりどんな事があっても、参考書だけは、今後、売るよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1021 鼓動との葛藤

身も心も一心同体、体全体で苦しんでいるはずが、孤独、寂しさ、辛さは、精神だけの問題にすぎず、鼓動は平常通り、淡々と打ち続ける。 ひかるにとっては、生まれて初めての悟りで、自分の精神が、いかにひ弱いのか、情けなくなりました。 強い心が欲しい・・ よーし、生きのびて見せる! 自分にとって、後戻りは出来ない。 辛くても前へ進むしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1020 孤独

翌日もパンの耳が貰え、コッペパンを買わずに済んだ分、今度は牛乳を買いました。 牛乳にパンの耳を浸して、食べるのです。 更に初めての冬は、心身共に堪えました。 常夏育ち、冬用の衣類はなく、敷布や毛布も有りません。 畳の上に、掛け布団1枚で寝る始末。 安アパートのため、隙間風は自由に往来、明け方はとても寒くて、眠れません。 少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1019 街頭テレビ

見果てぬ夢がある限り、命を張って生きてみよう。 いつの日か、我が家で映画が観られる時が来る・・と。 (若い人には、街頭テレビが理解出来ないかと思いますが、50数年前、テレビは超高価で、各家庭にはまだ普及しておらず、大きな駅前に、競馬場の場外モニターの如く設置され、庶民はそれで、テレビを楽しんでいたのです) ひかる19歳。パスポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1018 超たまげ~

また、右を向いても目、後ろを向いても目、だらけ。 東京の人の多さには、これまたびっくり、超たまげ~ 島の住人は、200人程度で、殆んどの人が、顔見知り。 例え知らない人でも、道ですれ違う時は、挨拶を交わしながら、すれ違います。 東京の人、一人一人に挨拶をしていたのでは、前へ進めません。 挨拶は止めました。 大勢の人が行き来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1017 大パニック

急に走り出す事を、全く想定していなかったので、心の準備が出来ておりません。 いきなりバランスを崩し、「どうなっているんだ! あー あー!」と見事に転倒。 瞬間、恐怖と驚きで、頭の中は大パニック、「止めろ! 止めろー!」と絶叫してしまったのだ。 周りは何事が起きたのかと、一斉に注目、総立ちになりました。 昔の電車、急発進、オーバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1016 画像

発電車 (ちなみに、徳島の読者より、我が県に電車が無い、沖縄にはモノレールがあるではないか、との指摘をうけた。ひかるが上京時、モノレールはなかった)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1015 自動ドア

昭和38年4月、1週間も船に揺られ上京。 沖縄は全国で、唯一電車のない県ですが、島には、車や耕運機すらなく、電車という乗り物は、初めての体験。 けたたましく責め立てるベルに、前の人に連られ、急いで乗り込みました。 すると、あまりにもタイミング良く、待っていたかのように、ゴロゴロ、とドアが背後で閉まったのです。 生まれて初めて見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1014 生き別れ

今更、船から飛び降り、戻るわけにはいかない・・ 戻れない・・ 親子の全てを断ち切った! 木の葉のような橋渡船の父に、最後の別れを一言。 「許してくれ! 息子は亡き者と、諦めてくれ・・!」 心底絞り出す言葉は、声になりません。 千切れんばかりに手を振り、今後の無事を、ひたすら願うしかありませんでした。 船は、全ての未練を断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1012 蛍の光

妹は棒切れを突いて、ピコタン,ピコタン追いかけ、「兄ちゃん、行かないで・・」と泣きじゃくる。 「兄ちゃん、必ず帰るから」と諭し、心を鬼にする。 年老いた両親と、体の不自由な妹を島に残し、旅立つ息子は、親不幸なのだろうか・ 10歳の遊び盛りに、足の不自由な妹の遊び相手は、誰がするのだろうか・・ いつまでも、いつまでも、元気に暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1011 拗ね顔

杯を交わす時、父は決して、目を合わせまい、としていました。 拗ねているように、視線を外し、何かを必死で耐えている様子。 多分、視線が合えば、上京は取りやめなさい、と、口から出るのを耐えていたのでしょう。 両親にとって、一番辛い時だったのかもしれません。 少年は、心から寂しがる両親の横顔を見せつけられ、白髪の様子や、禿げ具合、シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1010 一家離散

経済的、精神的にもまだ暗いトンネルの中、上京は、誰が考えても無理な相談。 心の内を父に相談すると、「自分の思った通りやればいい・・」と一言。 しかし周りは大反対、年老いた両親と、足の悪い妹を島に残し、なんで東京に出るんだ! せめて、沖縄本島位にしたらどうだ・・ 無口な父は、ただ黙っているだけ・・ 人間は、一度不幸のどん底に落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1009 隔離状態

島では見た事も、聞いた事もない、初めての発病。小児マヒに関する知識がなく、周りの子供達に伝染するのではないかと見られ、精神的には、完全に隔離状態。 母は、物の怪に取り憑かれたように、祈祷師を回り、西の方角にある木が災いしている、と聞けば必死で切り押す。 父は、直さなければ、手術をしなければ、金を作らなければ、と毎晩、財布を広げ、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1008 小児麻痺

ひかる11歳、妹が3歳の、昭和29年夏。 父は、漁へ出かけ、母は野良仕事、やっと走りまわれるようになった、妹の遊び相手をしていると、元気がなくなり、そのうちグッタリ倒れてしまいました。 急いで、母を呼び戻した頃には、泣き声一つ出す力さえなく、痙攣の合間に、断続的にひきつけを起こす程の異常な高熱。 40度以上の高熱が続いているのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1007 3文字

情報の全くなかった島、電波など考えられなかった島で育った少年には、そんな望遠鏡が有るはずがない! 魔法使いにでも、出来ないはずだ、と思えるのでした。しかし、何度読み返しても、5コマ漫画は同じ答えしか出してくれません。 以後、テレビの3文字は、少年の脳裏に焼き付けられたのです。 どうしても、映画が観たい・・ この映画が、家に居な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1006 映画のシーン

小学校高学年の頃には、島の貧しい生活に見切りを付け、石垣島や沖縄本島へと引っ越す家が多くなり複式学級制へと移行していきます。 5 挑戦!TV界 そんな中でも、子供達にとって、1番の楽しみは、夏休みや冬休みに、15キロ離れた石垣島へ渡り、映画を見る事でした。 しかし少年の家は、特に貧しく、石垣島へ渡る船賃や映画代など、とても考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1005 挑戦!TV界

昭和18年8月、八重山地区の黒島に、ひかる誕生。 出産設備や病院のない島で、生まれた子供が次々と3人も他界した後、3歳違いの長女に続く男子、ひかる誕生で、両親の喜びはひとしお、八年後、母43歳で妹が誕生します。 妹は高齢出産の子、特別可愛がられ、幸せな五人家族でした。 小さな島には電気はなく、勿論、水道もありません。 情報と呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1004 貴重な財産

またこの地区は郷土芸能の宝庫とも言われ、マタハーリヌ、チンダラカヌシャマヨー、と歌われる。 沖縄県を代表する、安里屋ユンタ等、数多くの民謡や踊りを生み、方言や風習など、貴重な財産として引き継がれ、サンゴの種類や規模の大きさ等でも、世界屈指の群棲地として注目の的となっています。 現在、テレビは全国の家庭に入り込み、生活の一部となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1003 TV少年、南の島から東京へ

知床半島や釧路湿原など、日本でも、世界遺産に登録されているところはあるが、まず一番目に、この西表島が、自然世界遺産に登録されるべきではなかっただろうか。 国連環境問題等で、環境大臣が、世界に誇れる、ネコ科の原種が日本に生息している事をアピールすれば、絶賛されるのではないだろうか。 隣りの石垣島は、沖縄県最高峰の於茂登岳、526メー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1002 埋蔵石油

60年を過ぎた今、やっと沖縄も少しは注目されるようになって来たのである。 沖縄本島より450キロ南、県2番目に大きな西表島、3番目に大きな石垣島を中心とした、19の島々からなる、八重山地区は、日本最南端、波照間島、および最西端、与那国島を有する、日本の最南西地区。 また、今は無人島ですが、以前はカツオ漁が盛んに行われた魚釣り島もこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

c1001 TV少年、南の島から東京へ

沖縄県は、120もの島々で構成され、第二次世界大戦最後の上陸作戦、激戦地となり、戦後は昭和47年まで米国が統治し、復帰後の今なお、敗戦の傷跡を多く残しています。 本土は原爆で一瞬だったが、沖縄は上陸掃討作戦、戦車と火炎砲で横一列に焼き尽くしていく。壕に住民が潜んでいたとしても、焼き尽くす。 軍人が混じっているので、やむを得ないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1450 面白エッセイ、ズッコケ通信~

途中からご覧の方もあるかと思います。 大好評で、再度ナンバー1番より送信いたします。 未成年、学生でも結構、あくまでも、健全サイトを貫きます。 よろしかったら、友人等お薦め下さい。 元気が出るブログ、ビュワー数、一千万を突破しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1449 命を張れ!

人生の 喜怒哀楽に ロマンあり! 諸人よ! 思い残すな 明日は華。 貴方には 誰にも盗られない 知恵がある。 貴方には 誰にも止められない 鼓動がある。 これしかない! 己の人生ドラマ ロマンを持て! そして、  命を張れ!  命を張れ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1448 GPS

農業についても大きな変化が見られると思います。 例えば長野で玉ねぎを生産したとしましょう。 東京のマルエツに1トンの玉ねぎを納入する場合、畑から夕方トラックに乗せてマルエツへ自動運転で送り出します。 夜中高速道路を通って明け方3時にマルエツの駐車場へ到着。その荷物を確認し降ろして5時にはその車を返します。 道路が混雑する前に都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1447 観光ポイント

翌日もその車で登録された観光ポイントを自在に回って駅で車を乗り捨てると車は民宿の駐車場へ自動的に戻ります。 観光産業が飛躍的に伸びて来るでしょう。 別荘を構えていた人達が果たして別荘が必要なのだろうか、全国の民宿や旅館を利用する事によってもっともっと観光が楽しくなるのではないだろうか 今後高齢化が進み70代80代の人でもペーパー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1446 四機体制

これから5年先とんでもない激変が予測されます。果たして皆さんはお気づきでしょうか。 テレビや携帯が世の中に大きなインパクトを与えましたが、原因はと言うとこれは電波という空間を使う事です。 土地や建物は法律によって個人や企業の所有物です。 ところが電波は空間を使うため全ての土地やトイレの中まで入ってきます。 航空産業も同じで自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1445 土俵結婚論

また結婚当初は苦労しましたが夫婦の故郷が離れていた事は、今では最高の条件です。 東京に自宅があり南の小さな島に実家、別荘があります。 200人の島人は知人で、島ごと別荘のようなものです。 世界中を見ても男と女、結婚をし子供を育てるのは当然であり、当たり前だと思います。 お互い己の鼓動を引き継いで行く、この素晴らしさを多くの皆さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more