テーマ:ミミズ男物語

m1444 拒否感

親兄弟から言われると、先に拒否感が出る。上司から言われたのでしぶしぶ了解をしてお盆休みに故郷へ帰った。 報告があり、結婚を決意したとの事であった。 相手は寮母をし婚期を逃した。四十代なので子供は出来ないかも知れないが、二人で結婚生活をするとの事だった。 暫らくして女房と二人の貯金を合わせ、五千万の土地付き一軒家を現金で買ったと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1443 川の字

確かに土俵の上では睨み合いや突っ張り等、夫婦生活の中では結構バトルもあるかとは思います。 結婚生活そのものが一つの土俵であるという土俵論をしっかり持っていれば多少の事があっても土俵は保たれると思います。 親子川の字で寝ると言う例えもありますが、場合によっては川の字の片方が逆さまになったり、そういう事も起こり得るかも知れません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1442 泥沼離婚劇

テレビでよく泥沼離婚劇が報じられる。 何を考えているのか、と言いたくなる。 結婚とは、育ちも境遇も違う者同士が、二人だけのルールの土俵を作るという事だ。 当然双方の親との事もあるので、更に土俵の外に大きな輪が出来る。 二人だけの土俵、子供が出来れば当然大きな土俵へと膨らむ事は事実である。 離婚劇というのは夫婦が描く土俵の形が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1441 野菜サラダ

すると島のおじさんやおばさん達が私の女房を鬼嫁と呼んでいる。 東京から来た鬼嫁の顔が見たいから夜行くぞと言う。 何んで鬼嫁にされたのか理由を聞くと、両親が上京した際、女房は私が夜な夜な焼き鳥屋で酒を飲んでいる体の為にと一生懸命野菜サラダを作って食卓に出していたのだ。 その野菜サラダがなんと鬼嫁の原因だった。 島では暑い為、腐る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1440 食器洗

呼び寄せた母親は、せめて食器洗いはさせてくれと言って、女房に一生懸命気を使う。 ところが水道を使った事がなく、ジャージャー流して洗う事は考えられない。 溜水で油ものの食器なども洗う。 女房がお願いだから、お母さんに食器洗いを止めさせてくれ、とてもじゃないが油がギトギトしていると言う。 下手をすると女房とのバトルへ展開する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1439 西向き

釣り合いが取れない、習慣が違うという面ではいくらでも書きたてられる。 ひかるの田舎では人が亡くなった場合、頭を西向きにする。太陽が沈む方向にするのだ。 女房は北向きだと言う、さて布団やベッドにしても西向きと北向き、我が家ではやってはいけない事になる。 お互い譲らなければ夫婦喧嘩に発展する。 それでは子供達にどう教えようかという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1438 交番

しかし結婚したい気持ちが先走りし、結婚式の事など全く考えていなかったのです。 急ぎ結婚式を挙げなければと考えるのですがまったく金がありません。 悩んだ末、交番へ駆け込みました。 まだ24歳で明らかに田舎っぺの顔、沖縄の顔つき。 式を挙げなければ結婚出来ない、深刻に結婚したいと言う悩みは、なんと奇跡が起きたのです。 お巡りさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1437 海面

透明度が良いためゴーグル等はかけず裸眼で、海面を叩くと魚が穴へ入る。 魚を素手で取り、生きたままむしゃむしゃ食べて育つ野性そのものの育ち方をしている。 ひかるの事を全く躾がなされていない島ザル、と呼び塩を撒かれたのも、誰が見ても頷ける状況である。 そんな中でひかるは結婚する。 そして十年間、実家との絶交を女房に言い付け、子供が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1436 習慣

私の場合沖縄本島から450キロ南の小さな島で育ちました、女房は代々江戸っ子です。 合うの合わないのと言うと、性格や個性、習慣、全く合いません。 しかし月日が経てばお互いの欠点は分かり切っており、其々欠点を補い合う、あうんの呼吸というものが出来ます。 むしろ性格や個性が離れていた方が結婚生活は楽しいのではないかと思うくらいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1435 価値観

最初から結婚をしないと決め込んで生きて来た友人を数多く知っておりますが60代になって大きな分かれ道が出てきます。 経済的にも余裕が出来これから友人仲間と数多く付き合って人生楽しむという事になるのですが、ところがどっこいそう簡単には行きません。 周りの話題は子供や孫の話、嫁さんの悪口であったり亭主がどーのこーのであったり、病気の話題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1434 自慢気

出来れば85歳90歳まで生き延び、ひ孫の誕生、そして鼓動を重ね合い、己の鼓動がひ孫まで伝わっているんだと言う実感を感じたいのが一番の願いです。 最近テレビで結婚をしないとか或いは子供を作らない事を自慢気に話す人がおります。 私の考え方からすると鼓動を己の代で止めてしまう、本当に自殺に等しいのではないか、と残念でしょうがありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1433 卒業論文

若い人は学業と鼓動であったり、鼓動と結婚であったり、鼓動と家族、夫婦と鼓動、50代と鼓動、80代と鼓動、病と鼓動、田舎暮らしと鼓動、趣味であったり、何んでも結構でしょう。 一人何種類もの鼓動哲学があって良いのではないか。 ぜひ朝起きたら胸に手を当て、鼓動と対話してみましょう。 本当に昨日から一晩ぐっすり寝ていたのにこの鼓動は1分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1432 頭の隅

その後80まで生きたとしても20年間は果たして体が思ったように動くのか先の保証はありません。 そう考えてみると何をしなければならないのか、何の為にこの世に自分が生まれて来たのか、疑問が湧いてきます。 そんな中から一日でも無駄に出来ない、ワンカットの積み重ね、いわゆる鼓動哲学の原点を見出したのです。 あれから50数年、今74歳です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1431 緩和ケア

癌患者と鼓動哲学論をした事がある。 ややもすると癌の重圧に耐えかねていた。 朝晩鼓動と対話し、思った通りワンカットずつの積み重ね、残り少ない余命を全う出来る、と涙を流しました。 自由だの人権論だの色々ありますが、己にとっての大事な鼓動哲学論が欠けている。 体の不自由な人、元気な人、緩和ケアが必要な人、老若男女 鼓動哲学論が出て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1430 鼓動哲学

過去から現在、そして未来と己の人生を鼓動という側面かな分析展開していく事がいかに大事であるかは、 きっとある程度年齢を重ねれば解るかと思います。 私の提唱する鼓動哲学とは、一人一人が其々の生き様としての哲学であって欲しい、 其々が己の哲学を持つべきだと主張します。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1429 高校三年生

母親の匂いと違う為か、孫は小さな手足をばたつかせ、ありったけの声で泣いておりました。 耳元でお爺ちゃんだから怖がらなくて良いよ、と語りかけゆっくり湯につかりました。 驚いた事に孫の鼓動は私の鼓動より大きな響きで激しく打っておりました。 鼓動を重ね、しみじみこの鼓動は私の鼓動がここまで引き継がれて来たのだ、と思わず喜びで涙が出まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1428 自鼓

やれやれと思っていると定年で放り出され、さて何をしたらいいものか戸惑う場合が多い。 自分の思った通りに人生を歩むという事は、二十歳前後にそれなりの方向性を見つける必要がある。 このコーナーでは己の鼓動、自鼓について今一つ真摯に問いかけてみようではないか。 そう、親からもらった己の鼓動、いずれ止まる宿命を背負っています。 昨夜来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1427 司法試験

聞いた話ではあるが、ある男が弁護士になるのだと言って司法試験を受けたそうだ。 20回を数えても合格出来なかったそうである。 年も50を過ぎて奥さんが子供達の教育資金もままならないので、諦めて欲しいと懇願。 男は挑戦する事に意義がある、と女房を一括、70歳過ぎて亡くなるまで合格出来なかったそうだ。 何のための人生だったのか・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1426 養子縁組

  例えばある親が生年月日も同じ男の子A君B君を赤ん坊の時から養子縁組をして育てたとしよう。 ある程度大きくなってA君とB君に同じテーマを実践させたとしよう。 同じレベルに達するのにA君は 芸術系では1年、B君は2年を要する。 ところが理系のテーマだとB君は1年でクリアするがA君は2年を要する。 同じ脳内酵母でもA君の場合は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1425 最先端企業

私は中学を卒業するまでランプで育ちました。 高校は理系に進みたかったのですが、八重山地区には理系は無く商業科しかない為、 簿記そろばんを勉強せざるを得ませんでした。 その後人生をやり直すべく東京へ出、理系の専門学校へ通いテレビ局へ入ります。 当時のテレビ局は IT の最先端企業です。 夜間の専門学校で2年間理系の勉強をしたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1424 器用貧乏

学生の頃何をやらせても素晴らしい成績で、なおかつスポーツ万能なんていう人間がいるものだ 将来的にもリーダーとして素晴らしい活躍をするだろうと予測された人間が10年20年経って見ると大した事はなく、 もしろ成績が悪かったはずの人間が立派なリーダーに成っている場合がある。 万能な人間は世間に出ても普通に何でもこなす、いわゆる器用貧乏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1423 酵母論

またそこで重要な役割を果たすのが脳です。 自論ですが人其々の脳みそはおそらく酵母の様なものであるのではないかと考え、酵母論を展開します。 理系の強い酵母なのか、文系に強い酵母なのか或いは芸術に長けた酵母なのか色々あるのではないかと考えます。 中には理系、文系、芸術、何事をやらせても非常に良い結果を残すバランスの取れた酵母の持ち主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1422 是是非

個人個人が身に付けておくべき哲学だと主張しており、其々によって違う条件の中で解決すべき問題だと考えます。 鼓動を維持するのに高価な機械を必要とする場合もあり、動作を維持していく為には周りの親兄弟、或いは地域国単位での手助けが必要です。 貧しくて設備が確保出来ない場合にはこれはどうしようもありません。 鼓動を維持する為に多くの人を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1421 千差万別

哲学と言うと堅苦しい話の様に聞こえますが人間頭も心も千差万別です。 一人一人違う鼓動があり顔があります。一人一人違う哲学があっても不自然ではなく、むしろ有るべきです。 万人に強要するのではなく一人一人が財布の如く身に付けて持っている哲学。 そしてその都度己の人生の道しるべとして確認をしながら人生を全うする。 そういう意味での幅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m454未来は農業だ

直径2キロ あるいは3キロ4キロの面積があったとしても蟻のごとく機械が耕運してくれます。 スタート時に走行距離を2,3,4、号機に其々マイナス1メータを入力すれば、終点では1メータずつ手前に止まっており農機は接触しません。 当然、ウネ作り機や種植え機等あらゆる農機を渦巻き状に動作させていきます。 この方式だと四隅に行き届かない部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m453 S字マジック

GPSを使った位置制御システム 自動車の運転では10センチ未満の制御が可能だと言われています。 自動車産業はともかく、次に大きな変革をもたらすのが農業機械のGPS制御ではないだろうか。 農業機械を渦巻き状に動作させる渦巻き耕法の原理を発表します。 渦巻き図1をご覧になってください。 まず畑の上下左右、幅の一番狭い所の直径とその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

m1420 人間

人間(ジンカン)五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり・・・ 一度生を授け、滅せぬ者のあるべきか・・ これは織田信長が口ずさんでいたという敦盛の一節である。 権力や名声を欲しいままにした秀吉や家康、勿論、近年においても財閥を成した人とて、滅せぬ者のあるべきか・・・ そうです今宵は己の鼓動と会話してみようではないか。 貴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more