m1408 クリーニング屋


アイロンがけは評判もよく、クリーニング屋は大繁盛。
いつの間にか全国にチェーン店を持つ、大きなクリーニング屋さんになったそうだ。
そして女の子誕生。ばーちゃんとなってしまったアイロン娘は、いつも孫に我が家の家宝はアイロンだぞと話しているそうだ
方やゴキブリ娘はとうとう両親も他界し、今でも一人で相も変わらず奇声を発しているそうだ。
そしてその家は名実ともにゴキブリだらけ、ゴキブリ館と呼ばれているそうだ。
あだ名は体を表すのかな・・・・・
島ではその人の特徴を捕え、ユニークで覚えやすいあだ名を付けて呼ぶ習慣があった.
ひかるが生まれた当時、島では母乳が出ない場合ヤギの乳を飲ませた。
のちに冷蔵庫も普及し幼児に牛の乳を飲ませる習慣が入ってきた。
女の赤ちゃんが生まれ、不幸にも母親が亡くなってしまった。
島の人は見たこともなかったが、その子に牛の乳を飲ませて育てた。
そして女の子だったが島の人たちはその子の事を、牛の乳で育ったので牛若丸とあだ名を付けて呼んだ。
女牛若丸誕生だ!

"m1408 クリーニング屋" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント