m1322 垂れ垂れオッパイ


島のじいさんと飲んでいたら、今の女のオッパイは、なっていない、あの格好はなんだ、と怒っている。
わい談でも始まるのかと思うと、真面目な話のようだ。
昔の女は、オッパイを長く長く伸ばす訓練をしていたんだぞ。
子供を背負い、オッパイを欲しがったら、肩へちょこんと乗っけ、子供にオッパイを飲ます。
その間、手仕事ができる。いちいち抱いていたら、乳を飲ませる、2時間が無駄になる、乳の垂れ具合で、働き者のいい嫁か、決まったと言う。
おかしな話もあるもんだと、聞いていると、隣に60代のおばちゃんがいて、この話は本当かもしれないぞ。
自分の亡くなった母は、本当にオッパイが垂れ下がって、肩にのっけられるくらいの長さだったという。
そう言われてみると、この話本当なのかなー?
アフリカの原住民の女性のオッパイがかなり垂れ下がっているが、もしかして、この話のとおり、延ばし延ばしたのかな。
ある日、90歳を過ぎたおばあちゃんに、どうしたら、オッパイを長々と延ばせるのか、と聞いてみた。

"m1322 垂れ垂れオッパイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント