m1185 大綱引き


ひかるは昭和40年の入社時、都会の人にだけは負けたくない、と言う一心で、自分なりの知恵を絞っていました。
当時のテレビカメラはバカでかく、支える三脚は鉄の塊、ケーブルは、78芯で銅の束。
それをカメラ台数分セッティングし、撤去。毎日が、大綱引き。
それに比べ、スタジオは冷暖房完備で、暇な時には、タレントとも気楽に接する事が出来、同期の人達は、大半がスタジオ勤務を希望。
ひかるは都会の人達に負けない為には、丈夫な体を使い、皆が嫌がる中継部門で、自分の存在価値を見い出そう、と考え、中継部門を希望したのである。
当時、球場は勿論、殆んどのホールなど、中継回線が敷設されておらず、綱引きだらけ。
しかし、体力だけでは、単なるバカ力持ちだけに過ぎず、勝負になりません。
わら半紙を買い込み、毎日出かける球場や劇場は勿論、各区民ホール等の中継車の駐車位置やケーブル長。
引き回しからオケピットや舞台裏の状況。

"m1185 大綱引き" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント