m1415 テレビ局入り


そしてテレビ局入り、いきなりテレシネ、マスター部門と言う、当時のIT最先端の心臓部へ配属されます。
1年後にIBMのコンピューターが導入され、コンピューター分野まで携わることになります。
あまりの変化にどうもついていけそうにもない、と悩み自信喪失状態。
その折、ココロ鏡を引っ張り出し、己の置かれている状態、立ち位置などココロ鏡に写し出し考えました。
人口700人の島から4万人の石垣島で高校3年間、そして東京で夜学2年後、放送局へ入ったのです。
そんな中で己のココロ鏡と対峙し、気がつくと島を出て5年後、自分の作った番組が北海道から沖縄まで、
そうです全国のお茶の間へ届く、気がついた時点で自分はいつの間にか1億人の人を相手にする立場の仕事をしていたのです。
自分のやった仕事が1億人の人が見ている、そうです1億人の人が見つめる舞台に立っていたのです。
例え端役ても通行人役でもいい。
何時の日か、まかり間違って一億人が見つめる主役に成るかも知れない、と馬鹿げた事を考え、
この仕事を生涯の天職として全うしようと決めたのです。

m1414 節目


そうです、ココロ鏡を呼び出す時、それは先程の禅の境地に入った状況で己をじっくり写し出す、
それこそ生きていく上で大事な事ではないだろうかと考えます。
私は20代からこのココロ鏡を引っ張り出し節目節目を確認して生きてきました。
人口700人前後の小さな島でランプで育ち、隣の人口当時4万人の石垣島へ渡る事が1番の夢でした。
石垣島には映画館が3つもありネオンも商店街も市場もあります。
高校出る事によって3年間その島で生活し、卒業と同時にテレビの仕事に興味があり上京します。
石垣島の高校には理系コースがないため商業科コースを卒業し今度はテレビの為、出直し理系科へ。
開設したばかりのカラーTV専門コースに通います。
食う為、昼間は力仕事、2年間夜間学校へ行きますがほとんど疲れ果てて勉強どころではありません。

m1413 優柔不断


一方的に自分しか主張しない人間がいたり、ただ周りに迎合。
こいつは人間では無いのではないかと思われるくらい優柔不断でどうしようもない人もいます。
やたらと人を嫉んだり、被害妄想的な発想の人がいたり、人が苦しい状況にある旨を喜んだりする人間がいたりします。
自分は悪くない周りがみんな悪いんだ、と主張する奴もいれば政治が悪い国が悪い。
自分は悪くない世の中が悪いなんて訳の分からない事ばかり言ってる人もあるかと思います。
さて自分は本当にどのような姿で周りに写っているのだろうか、仕事の上だとかあるいは家庭の中。
あらゆる方面から己を写し出すココロ鏡が大事ではないかと思います。
ココロ鏡は毎日引っ張り出す必要ありません。月に1度でいいからココロ鏡を呼び出し、
己がどのような人間なのか人物なのかを己の目で確かめ確認する、己のココロ鏡が大事ではないかと考えます。
自分は人間としてどうあるべきか、どのような姿であるべきか。

m1412 ココロ鏡


これからも己の人生ドラマを、どう展開させていくのか本気で考えるべきではないだろうか。
そして己との対話、己の人生ドラマの進行状況を写し出す上で最も大事なのがココロ鏡です。
皆さんは毎日鏡で己の姿を写し出し、見ているでしょう。
特に女性の方は手鏡などでその都度己の顔を写し、手直しをしたりするのは言うまでもありません。
私はここでもう一つの鏡の存在を提案いたします。
それはココロ鏡です。
己の顔だけではなく、己自身がどのような姿をしているのだろうか?
前後左右上下、あらゆる角度から己を立体的に見つめる、それを私はココロ鏡と呼びます。
己はどのような姿で写っているのだろうか、ケチなやつなのか、ガツガツした人間なのだろうか。
自分本位の人間では無いだろうか、
あるいは時の流れに逆らっている奴なのか、時の流れを捉えられる人間なのか女なのか。

m1411 禅の境地


その行為を20分程していると、おそらく本当に今まで経験したことがないくらい頭の中が空になるだろう。
それこそが本当の、禅の境地と言えるのではないだろうか。
ゆっくりと目一杯パンパンになるまで息を吸い込む、そしてゆっくりと雑巾を絞るように最後の1滴まで息を吐く、
その行為を30回程繰り返し、その後はゆっくりと吸い込み、またゆっくりと息を吐く行為を20分程繰り返していると、
ほとんどの人が禅の領域に入る。
大事な事はその後である。果たして今まで生きてきた自分はどうだったのだろうか、
己の人生ドラマはうまくワンカットワンカットが作れているだろうか。
鼓動との対話が大事です。
母は何のため10月10日も体内であなたを育み、そして何のために乳を与え、おむつを取り替えて育てあげてきたのだろうか。
己は母の期待に答えられているのだろうか、母に本当に心底誇れる自分なのだろうか。
己との対話、鼓動対話が1番重要ではないかと思います。

c1177 サメに助けられた男


多良間真牛(たらまもーしー)の伝説として、日本の伝説沖縄編に、しっかり位置づけされており、素晴らしい掛け軸と、当時の状況を克明に記述した古文書が今に残されています。
ジュゴンに助けられた伝説は、北欧諸島にあるとのことですが、サメに助けられた伝説は、どこにもないとのことで、国内外より、民話伝説等の研究者が、調査にくる貴重な物語です。
何を隠そう、この話は、わがひかる家に代々伝わる伝説で、掛け軸に使われた色や図柄などの調査結果から、描写の技法は、琉球王朝の絵に源流があり、色は当時の八重山地区では出せない、島では作れない、紛れもなく琉球王朝より、贈られた物だとの事。
琉球王朝の風は、南の島のひかる家にまでささやかに訪れ、わが家は、由緒ある家柄でした。
そしてひかるは、サメに助けられた伝説、五代目の子孫。
末代まで、サメを傷つけてはいけない!
食してはいけない!という家訓があり、サメを神様として崇め、供物を絶やしたことがありません。
なにげなく仲間と酒を酌み交わし、注ぎつ注がれ、フカのヒレ酒だと言われ、急いで戻しましたが、後の祭り。
翌日は、飲み過ぎたのか、祟りなのか、1日中頭痛がしていました。
ご先祖様に陳謝! 陳謝!
(多良間真牛の伝説は、平成5年、2月26日付け中日新聞、3月29日付け東京新聞に、日本版ロビンソン、クルーソー物語として、大きな紙面で、取り上げられました)