m1427 司法試験


聞いた話ではあるが、ある男が弁護士になるのだと言って司法試験を受けたそうだ。
20回を数えても合格出来なかったそうである。
年も50を過ぎて奥さんが子供達の教育資金もままならないので、諦めて欲しいと懇願。
男は挑戦する事に意義がある、と女房を一括、70歳過ぎて亡くなるまで合格出来なかったそうだ。
何のための人生だったのか・・
立派な風貌と弁も立つ、他の事をやっていれば素晴らしい人格者に成っていただろうに、と笑い話になってしまった。
若い内に己の脳質を少しでも検討すればよかったのに。
私は脳学者ではない、個人的な勝手な脳内酵母論、信じるか否かは個々に任せる。
自分なりにどのように舵を取るかによってその結果に幸せが感じられるのではないだろうか。
ここで自分なりに思った通りに生きる事がなかなか難しい。
人は産声を上げ、無の状況からいろいろ見聞きをし、脳内に知識を蓄えていく。
そして二十歳までは親の庇護の下に生きる事になる。
その後伴侶を見つけ、子供が出来マイホームを構えて三十歳前後に子供が誕生したとすれば、
子育てをしている間に五十歳に成ってしまう。

m1426 養子縁組

 
例えばある親が生年月日も同じ男の子A君B君を赤ん坊の時から養子縁組をして育てたとしよう。
ある程度大きくなってA君とB君に同じテーマを実践させたとしよう。
同じレベルに達するのにA君は 芸術系では1年、B君は2年を要する。
ところが理系のテーマだとB君は1年でクリアするがA君は2年を要する。
同じ脳内酵母でもA君の場合は脳みそ、いわゆる脳の畑、脳質が芸術系脳内酵母増殖が早かったという事である。
同様にB君の場合は脳内畑の脳質がいわゆる理系の脳内酵母が増殖しやすい脳質であったという事になる。
食べ物や躾、教育や環境が同じでも違いが出てくる。
このように脳の脳内酵母、或いは農の畑、脳質の問題が理解出来るかと思う。
この場合A君とB君の親や先祖など調べていくと、そこには必ず其々芸術系に強い人、理系に強い人がいたりするものである。
そういう意味で己を悟る事は、この脳内酵母の種類や己の脳畑いわゆる脳質を自分なりに理解し、
人生設計をすると結構うまくいくのではないかというのが私の脳内酵母論である。

m1425 最先端企業


私は中学を卒業するまでランプで育ちました。
高校は理系に進みたかったのですが、八重山地区には理系は無く商業科しかない為、
簿記そろばんを勉強せざるを得ませんでした。
その後人生をやり直すべく東京へ出、理系の専門学校へ通いテレビ局へ入ります。
当時のテレビ局は IT の最先端企業です。
夜間の専門学校で2年間理系の勉強をしたからとて、とてもテレビ業界は務まるような所ではない、と悩みました。
しかしよくよく考えると父は南の小さな島で手先が器用で、お土産物など小物を内職として夜な夜な作っておりました。
いわゆる物作りの得意な父だった事を思い出し、私にも物作りという点ではたぶん大丈夫ではないだろうかと考えました。
そこからテレビの番組作り、物作りに通じるのだと考え、
天職として一生番組作りをして見ようと腹に決め、仕事に打ち込んだのでした。
40年間勤め上げて振り返ると、やはり間違いではなかった、番組作り、物作りが一番向いていたんだと納得しています。
これから羽ばたく若者には是非、己の先祖や親戚など観察し、己の脳内酵母、脳畑の脳質を検討すべきだと主張します。

m1424 器用貧乏


学生の頃何をやらせても素晴らしい成績で、なおかつスポーツ万能なんていう人間がいるものだ
将来的にもリーダーとして素晴らしい活躍をするだろうと予測された人間が10年20年経って見ると大した事はなく、
もしろ成績が悪かったはずの人間が立派なリーダーに成っている場合がある。
万能な人間は世間に出ても普通に何でもこなす、いわゆる器用貧乏になってしまうのだ。
かたや成績の悪かったやつは自分に何か取り得がないものか、
一生懸命考え、自分なりの自分に合った道を選択肢する結果、10年20年経つと成績の悪かったはずの人間が
立派な人間になっているという事がある。
そういう点からしても私の主張する脳内酵母論、試しに検討してみても良いのではないだろうかという事である。

m1423 酵母論


またそこで重要な役割を果たすのが脳です。
自論ですが人其々の脳みそはおそらく酵母の様なものであるのではないかと考え、酵母論を展開します。
理系の強い酵母なのか、文系に強い酵母なのか或いは芸術に長けた酵母なのか色々あるのではないかと考えます。
中には理系、文系、芸術、何事をやらせても非常に良い結果を残すバランスの取れた酵母の持ち主もいるのではないかと考えます。
脳みそ自体を畑に例えれば、何種類かの酵母の種を蒔いても、芸術ならその分野の種が他の種より育ちがいい。
土質ならぬ脳質が育ち良い畑と言えるのではないか。
絵画や書道、音楽や文学など、血統と思えるような現象は皆さんも感じているかと思います。
己の人生航路計画、まずは己の脳内酵母がどのような類の酵母であるのか、己を知るとは酵母菌、脳質を悟る事、
見極める事が一番大事ではないかと思います。

m1422 是是非


個人個人が身に付けておくべき哲学だと主張しており、其々によって違う条件の中で解決すべき問題だと考えます。
鼓動を維持するのに高価な機械を必要とする場合もあり、動作を維持していく為には周りの親兄弟、或いは地域国単位での手助けが必要です。
貧しくて設備が確保出来ない場合にはこれはどうしようもありません。
鼓動を維持する為に多くの人を犠牲にする、それもまた考えものです。
そのような観点からして私はその環境の中で鼓動を維持する大切さ、鼓動の大事さは説きますが極限の状況では是是非で良いのではないかと主張します。
しかしその鼓動「滅せぬ者のあるべきか・・」と言われ、いずれ止まる宿命を帯びています。
人生とは何んぞやと聞かれると、私は即座に己の鼓動を思った通りに使うのが人生である、と答える。
流れのままに生きたのか己の思った通り、鼓動を使い切ったか、それこそが幸せの度合いと言えるのではないだろうか。
貴方の鼓動は親だとて止められません、誰にも止められません。
そしてその鼓動の使い方はまた、貴方しか決められません。
周りに流され、浮き草のような人生では心もとない話です。

m1421 千差万別


哲学と言うと堅苦しい話の様に聞こえますが人間頭も心も千差万別です。
一人一人違う鼓動があり顔があります。一人一人違う哲学があっても不自然ではなく、むしろ有るべきです。
万人に強要するのではなく一人一人が財布の如く身に付けて持っている哲学。
そしてその都度己の人生の道しるべとして確認をしながら人生を全うする。
そういう意味での幅広い生きざま論、鼓動哲学が必要との主張です。
お互いの鼓動を尊重すべきであると展開していくと、必ずそこには鼓動を止める死刑廃止論であったり、
或いは中絶廃止論であったりという問題にぶつかるかと思います。
私はそれは是是非で良いのではないかと考えます。
なぜなら、私の主張する鼓動哲学は個々のものです。

m454未来は農業だ


直径2キロ あるいは3キロ4キロの面積があったとしても蟻のごとく機械が耕運してくれます。
スタート時に走行距離を2,3,4、号機に其々マイナス1メータを入力すれば、終点では1メータずつ手前に止まっており農機は接触しません。
当然、ウネ作り機や種植え機等あらゆる農機を渦巻き状に動作させていきます。
この方式だと四隅に行き届かない部分が出ますが、そこは自家菜園にするなど手動耕作地、8割強機械化が出来ます。
話がここまでくると大体解ると思いますが農家同士が機械を貸し借り、あるいはシヤリング、リースするという事も充分考えられます。
日本の農道は狭い為大型機械の輸送には向いておりませんが2トントラック程度で輸送出来る小型の農機を導入する新しい農業のあり方ではないかと思います。
当然輸送手段にも自動運転トラックが使えます。
隣の県同士のAさんBさんが貸し借りをする場合、Bさんの畑のGPSデーターをAさんに伝えておけばトラックで輸送してきます。
作業後は今度はBさんがトラックでAさんの指定されたGPSの場所に届ければ問題ない。
作物の配送から農機具の輸送など自動輸送が早い時期に確立するでしょう。
現在農業高校や大学など将来の農業を目指す人達には1日も早く渦巻き耕法を取り入れる機材の開発から新しい農業のあり方を目指していただきたい。
渦巻き耕法に関してオープン情報にしているので、特許は確立できません。
早い者勝ちですので農業を目指す人達が集い、新しい農業を目指してもらいたいものです。
高齢化や過疎化で休耕地があるかと思います。直径1キロ2キロという広い畑は確保できるのではないかと考えます。
人間生きる為、食料確保は神代の昔から未来永劫必要です。
食料もありますが養鶏や畜産などの飼料生産なども考えられます。
今回の発想は農業をベルトコンベヤー化する工場化発想で、畑が動かせなければGPS使用で渦巻き状に機械をベルトの如く動かす発想です。
直線距離に換算すると、かなり長距離のベルトになり、人間がやることは燃料補給のみ。
農業に定年はない。
若者よ 未来は農業だ! 新しい時代を切り開け!

m453 S字マジック


GPSを使った位置制御システム 自動車の運転では10センチ未満の制御が可能だと言われています。
自動車産業はともかく、次に大きな変革をもたらすのが農業機械のGPS制御ではないだろうか。
農業機械を渦巻き状に動作させる渦巻き耕法の原理を発表します。
渦巻き図1をご覧になってください。
まず畑の上下左右、幅の一番狭い所の直径とその中心地点GPSデーターを入力記憶させます。
そのGPSデータを中心に直径10メータ、半径5メータをS字ターンエリヤとします。
例として今回510メータの直径、半径255メータの丸い円を描き、外周軌道とします。
渦巻き図1の右端、外周5から黒い矢印の通りに中心GPSを目指し、黒い矢印通り正確に渦巻き状に耕運機をスタートさせます。
耕運機の耕運幅50センチと想定し、一周したところで1メーター内側を通る渦巻きプログラムで動作させます。
中心地点GPS 半径5メーター圏内、S字エリヤに入った時点で渦巻き図2の通りS字動作に切り替へ、中心点を通過し往路に入ります。
耕運幅は50センチなので、ちょうど間に50センチ隙間が空いており、今度は復路耕運し図1右側の4番停止線でストップします。
この図で半径が255メーターたとすると、S字ターン部分を計算すると250週する事になります。
結果的に往復ですから500週する事になります。
この渦巻き耕法は前進のみで急なカーブやUターンはありません。
中心地点のGPSデーターさえあれば正確な安定した動作が可能になるかと思います。
安定動作と安全さえ確保できれば24時間動作も充分可能です。
小型で輸送や移動が自由に出来、年寄りやそれこそ女性でも扱えるような農機具の開発が急務だと思います。
早い話が角の空きスペースからGPS自動耕運をスタートさせると外周軌道へ入り耕運動作、勝手にS字ターンして来ると言う事です。
さらに考えを前へ進めます。
渦巻き図2を見てください。
耕運機を2台用意します。S字動作が終わった復路の矢印部分から1号機をスタートさせます。
今度は2号機を黒矢印の軌道を逆に追いかけスタートさせます。
2台の耕運機を使うと時間が2分の1に短縮できます。
さらに考えを進めると耕運幅1メーターだったものを2メートルの軌道に設定すれば4台の耕運機が同時に使えます。
作業時間は短縮され場合によっては6台8台と台数を増やすことも可能です。