m1427 司法試験


聞いた話ではあるが、ある男が弁護士になるのだと言って司法試験を受けたそうだ。
20回を数えても合格出来なかったそうである。
年も50を過ぎて奥さんが子供達の教育資金もままならないので、諦めて欲しいと懇願。
男は挑戦する事に意義がある、と女房を一括、70歳過ぎて亡くなるまで合格出来なかったそうだ。
何のための人生だったのか・・
立派な風貌と弁も立つ、他の事をやっていれば素晴らしい人格者に成っていただろうに、と笑い話になってしまった。
若い内に己の脳質を少しでも検討すればよかったのに。
私は脳学者ではない、個人的な勝手な脳内酵母論、信じるか否かは個々に任せる。
自分なりにどのように舵を取るかによってその結果に幸せが感じられるのではないだろうか。
ここで自分なりに思った通りに生きる事がなかなか難しい。
人は産声を上げ、無の状況からいろいろ見聞きをし、脳内に知識を蓄えていく。
そして二十歳までは親の庇護の下に生きる事になる。
その後伴侶を見つけ、子供が出来マイホームを構えて三十歳前後に子供が誕生したとすれば、
子育てをしている間に五十歳に成ってしまう。

m1426 養子縁組

 
例えばある親が生年月日も同じ男の子A君B君を赤ん坊の時から養子縁組をして育てたとしよう。
ある程度大きくなってA君とB君に同じテーマを実践させたとしよう。
同じレベルに達するのにA君は 芸術系では1年、B君は2年を要する。
ところが理系のテーマだとB君は1年でクリアするがA君は2年を要する。
同じ脳内酵母でもA君の場合は脳みそ、いわゆる脳の畑、脳質が芸術系脳内酵母増殖が早かったという事である。
同様にB君の場合は脳内畑の脳質がいわゆる理系の脳内酵母が増殖しやすい脳質であったという事になる。
食べ物や躾、教育や環境が同じでも違いが出てくる。
このように脳の脳内酵母、或いは農の畑、脳質の問題が理解出来るかと思う。
この場合A君とB君の親や先祖など調べていくと、そこには必ず其々芸術系に強い人、理系に強い人がいたりするものである。
そういう意味で己を悟る事は、この脳内酵母の種類や己の脳畑いわゆる脳質を自分なりに理解し、
人生設計をすると結構うまくいくのではないかというのが私の脳内酵母論である。

m1425 最先端企業


私は中学を卒業するまでランプで育ちました。
高校は理系に進みたかったのですが、八重山地区には理系は無く商業科しかない為、
簿記そろばんを勉強せざるを得ませんでした。
その後人生をやり直すべく東京へ出、理系の専門学校へ通いテレビ局へ入ります。
当時のテレビ局は IT の最先端企業です。
夜間の専門学校で2年間理系の勉強をしたからとて、とてもテレビ業界は務まるような所ではない、と悩みました。
しかしよくよく考えると父は南の小さな島で手先が器用で、お土産物など小物を内職として夜な夜な作っておりました。
いわゆる物作りの得意な父だった事を思い出し、私にも物作りという点ではたぶん大丈夫ではないだろうかと考えました。
そこからテレビの番組作り、物作りに通じるのだと考え、
天職として一生番組作りをして見ようと腹に決め、仕事に打ち込んだのでした。
40年間勤め上げて振り返ると、やはり間違いではなかった、番組作り、物作りが一番向いていたんだと納得しています。
これから羽ばたく若者には是非、己の先祖や親戚など観察し、己の脳内酵母、脳畑の脳質を検討すべきだと主張します。

m1424 器用貧乏


学生の頃何をやらせても素晴らしい成績で、なおかつスポーツ万能なんていう人間がいるものだ
将来的にもリーダーとして素晴らしい活躍をするだろうと予測された人間が10年20年経って見ると大した事はなく、
もしろ成績が悪かったはずの人間が立派なリーダーに成っている場合がある。
万能な人間は世間に出ても普通に何でもこなす、いわゆる器用貧乏になってしまうのだ。
かたや成績の悪かったやつは自分に何か取り得がないものか、
一生懸命考え、自分なりの自分に合った道を選択肢する結果、10年20年経つと成績の悪かったはずの人間が
立派な人間になっているという事がある。
そういう点からしても私の主張する脳内酵母論、試しに検討してみても良いのではないだろうかという事である。

m1423 酵母論


またそこで重要な役割を果たすのが脳です。
自論ですが人其々の脳みそはおそらく酵母の様なものであるのではないかと考え、酵母論を展開します。
理系の強い酵母なのか、文系に強い酵母なのか或いは芸術に長けた酵母なのか色々あるのではないかと考えます。
中には理系、文系、芸術、何事をやらせても非常に良い結果を残すバランスの取れた酵母の持ち主もいるのではないかと考えます。
脳みそ自体を畑に例えれば、何種類かの酵母の種を蒔いても、芸術ならその分野の種が他の種より育ちがいい。
土質ならぬ脳質が育ち良い畑と言えるのではないか。
絵画や書道、音楽や文学など、血統と思えるような現象は皆さんも感じているかと思います。
己の人生航路計画、まずは己の脳内酵母がどのような類の酵母であるのか、己を知るとは酵母菌、脳質を悟る事、
見極める事が一番大事ではないかと思います。

m1422 是是非


個人個人が身に付けておくべき哲学だと主張しており、其々によって違う条件の中で解決すべき問題だと考えます。
鼓動を維持するのに高価な機械を必要とする場合もあり、動作を維持していく為には周りの親兄弟、或いは地域国単位での手助けが必要です。
貧しくて設備が確保出来ない場合にはこれはどうしようもありません。
鼓動を維持する為に多くの人を犠牲にする、それもまた考えものです。
そのような観点からして私はその環境の中で鼓動を維持する大切さ、鼓動の大事さは説きますが極限の状況では是是非で良いのではないかと主張します。
しかしその鼓動「滅せぬ者のあるべきか・・」と言われ、いずれ止まる宿命を帯びています。
人生とは何んぞやと聞かれると、私は即座に己の鼓動を思った通りに使うのが人生である、と答える。
流れのままに生きたのか己の思った通り、鼓動を使い切ったか、それこそが幸せの度合いと言えるのではないだろうか。
貴方の鼓動は親だとて止められません、誰にも止められません。
そしてその鼓動の使い方はまた、貴方しか決められません。
周りに流され、浮き草のような人生では心もとない話です。

m1421 千差万別


哲学と言うと堅苦しい話の様に聞こえますが人間頭も心も千差万別です。
一人一人違う鼓動があり顔があります。一人一人違う哲学があっても不自然ではなく、むしろ有るべきです。
万人に強要するのではなく一人一人が財布の如く身に付けて持っている哲学。
そしてその都度己の人生の道しるべとして確認をしながら人生を全うする。
そういう意味での幅広い生きざま論、鼓動哲学が必要との主張です。
お互いの鼓動を尊重すべきであると展開していくと、必ずそこには鼓動を止める死刑廃止論であったり、
或いは中絶廃止論であったりという問題にぶつかるかと思います。
私はそれは是是非で良いのではないかと考えます。
なぜなら、私の主張する鼓動哲学は個々のものです。

m454未来は農業だ


直径2キロ あるいは3キロ4キロの面積があったとしても蟻のごとく機械が耕運してくれます。
スタート時に走行距離を2,3,4、号機に其々マイナス1メータを入力すれば、終点では1メータずつ手前に止まっており農機は接触しません。
当然、ウネ作り機や種植え機等あらゆる農機を渦巻き状に動作させていきます。
この方式だと四隅に行き届かない部分が出ますが、そこは自家菜園にするなど手動耕作地、8割強機械化が出来ます。
話がここまでくると大体解ると思いますが農家同士が機械を貸し借り、あるいはシヤリング、リースするという事も充分考えられます。
日本の農道は狭い為大型機械の輸送には向いておりませんが2トントラック程度で輸送出来る小型の農機を導入する新しい農業のあり方ではないかと思います。
当然輸送手段にも自動運転トラックが使えます。
隣の県同士のAさんBさんが貸し借りをする場合、Bさんの畑のGPSデーターをAさんに伝えておけばトラックで輸送してきます。
作業後は今度はBさんがトラックでAさんの指定されたGPSの場所に届ければ問題ない。
作物の配送から農機具の輸送など自動輸送が早い時期に確立するでしょう。
現在農業高校や大学など将来の農業を目指す人達には1日も早く渦巻き耕法を取り入れる機材の開発から新しい農業のあり方を目指していただきたい。
渦巻き耕法に関してオープン情報にしているので、特許は確立できません。
早い者勝ちですので農業を目指す人達が集い、新しい農業を目指してもらいたいものです。
高齢化や過疎化で休耕地があるかと思います。直径1キロ2キロという広い畑は確保できるのではないかと考えます。
人間生きる為、食料確保は神代の昔から未来永劫必要です。
食料もありますが養鶏や畜産などの飼料生産なども考えられます。
今回の発想は農業をベルトコンベヤー化する工場化発想で、畑が動かせなければGPS使用で渦巻き状に機械をベルトの如く動かす発想です。
直線距離に換算すると、かなり長距離のベルトになり、人間がやることは燃料補給のみ。
農業に定年はない。
若者よ 未来は農業だ! 新しい時代を切り開け!

m453 S字マジック


GPSを使った位置制御システム 自動車の運転では10センチ未満の制御が可能だと言われています。
自動車産業はともかく、次に大きな変革をもたらすのが農業機械のGPS制御ではないだろうか。
農業機械を渦巻き状に動作させる渦巻き耕法の原理を発表します。
渦巻き図1をご覧になってください。
まず畑の上下左右、幅の一番狭い所の直径とその中心地点GPSデーターを入力記憶させます。
そのGPSデータを中心に直径10メータ、半径5メータをS字ターンエリヤとします。
例として今回510メータの直径、半径255メータの丸い円を描き、外周軌道とします。
渦巻き図1の右端、外周5から黒い矢印の通りに中心GPSを目指し、黒い矢印通り正確に渦巻き状に耕運機をスタートさせます。
耕運機の耕運幅50センチと想定し、一周したところで1メーター内側を通る渦巻きプログラムで動作させます。
中心地点GPS 半径5メーター圏内、S字エリヤに入った時点で渦巻き図2の通りS字動作に切り替へ、中心点を通過し往路に入ります。
耕運幅は50センチなので、ちょうど間に50センチ隙間が空いており、今度は復路耕運し図1右側の4番停止線でストップします。
この図で半径が255メーターたとすると、S字ターン部分を計算すると250週する事になります。
結果的に往復ですから500週する事になります。
この渦巻き耕法は前進のみで急なカーブやUターンはありません。
中心地点のGPSデーターさえあれば正確な安定した動作が可能になるかと思います。
安定動作と安全さえ確保できれば24時間動作も充分可能です。
小型で輸送や移動が自由に出来、年寄りやそれこそ女性でも扱えるような農機具の開発が急務だと思います。
早い話が角の空きスペースからGPS自動耕運をスタートさせると外周軌道へ入り耕運動作、勝手にS字ターンして来ると言う事です。
さらに考えを前へ進めます。
渦巻き図2を見てください。
耕運機を2台用意します。S字動作が終わった復路の矢印部分から1号機をスタートさせます。
今度は2号機を黒矢印の軌道を逆に追いかけスタートさせます。
2台の耕運機を使うと時間が2分の1に短縮できます。
さらに考えを進めると耕運幅1メーターだったものを2メートルの軌道に設定すれば4台の耕運機が同時に使えます。
作業時間は短縮され場合によっては6台8台と台数を増やすことも可能です。

m1420 人間


人間(ジンカン)五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり・・・
一度生を授け、滅せぬ者のあるべきか・・
これは織田信長が口ずさんでいたという敦盛の一節である。
権力や名声を欲しいままにした秀吉や家康、勿論、近年においても財閥を成した人とて、滅せぬ者のあるべきか・・・
そうです今宵は己の鼓動と会話してみようではないか。
貴方は生まれた時、目も見えず耳も聞こえない、触覚や嗅覚とて白紙の状態。ただ一つ鼓動の響きのみだった。
乳房を吸う事により母の体温や匂い、声や顔を脳内に一つずつ記憶されて来たのは言うまでもない。
人間の原点に戻り、突き詰めると鼓動に行き着く。
男や女の区別なく、年寄りや子供、宗教や国家、肌の色や言葉の違いに関係なく、この世に生を授けた全ての人には平等に鼓動が与えられている。
そこで私は鼓動という側面から己を見極めるべき哲学が必要ではないかと、ここに動哲学論を展開いたします。

m1419 まだらボケ


おん年 八十 まだらボケ
娘と女房境目なし・
じーと見つめ ウインクする・
何すんのよ!
キモイ スケベーオヤジ 入院だ!
一喝 ショボタレ し・失禁だ~
お~い 酒!
朝から ふざけるな!
二喝目 ショボタレ・タレ・・タレ・・・・
お~い お茶!
・・・ヨシ! 
入院取りやめ!
・・妄想家族 団欒編
パンツ帽子
新造爺さんはまだらを越している。
三歳になる孫芳美が大好きで ママごと遊びの日々。
風呂も食事も寝る時も一緒。
芳美はママやお婆ちゃんに ツルツルとやり込められる爺さんを助けたいと子供ながらに考える。
お風呂で下の毛はふさふさ、そうだパンツを履いているからふさふさなんだ。
お爺ちゃんの頭、パンツを履けばふさふさになるよ、と提案。
その晩から芳美は自分のパンツを大好きなお爺ちゃんへ被らせ寝ることになった。
かくしてママごと遊び、食事のときも孫のパンツを頭に被ったまま。
皆が出かけた後、公園へ遊びに行くがパンツを被ったまま。
大勢の人だかりが出来る。
さあー家族にバレたらどうなるか・・・・
耳元まで口が裂け バトルが始まるであろう・・・
・・妄想家族 バトル編

m1418 ビヤダル状


ラクダファッションは新聞テレビで話題となり、社長は大量に売りさばき社員の給料倍増。
そして社員に我が社の作業衣をこれにすると言って全社員にラクダファッションを命じる。
営業マンもその姿で外回り。
ところが落とし穴があった。ビヤダル状の新入女子社員がこのファッションを拒否、解雇になるが裁判となった。
ラクダ裁判である。
さて司法試験第一問。
貴方ならラクダファッションを作業衣として命じた社長の言い分をとるか、ビヤダル状新入女子社員の言い分を取るか、詳細に理由を書きなさい。
貴方はどっちかな・・・・
それにしても飲食店やキャバクラなどあらゆる方面でラクダファッションが大流行するかな・・・
あれ~AKB48が花柄模様のラクダファッションで舞台を彩ったら面白いだろうなぁ・・・
待てよ・・AKB48に対抗すべく新しいラクダ48グループを作ったらどうだろう・・
誰か新しい企画考えて~~
・・ひかる妄想劇場より・・・
加齢とともに体力を使わない妄想の時間が一番楽しくなる。

m1417 マドロス帽


緊急入院するがなんと付き添いの人、見舞いに来る人達がこれまたラクダ姿だ。
病院でも話題となり、退院した爺さんが試しに着ると、なるほど暖かい。
爺さんはこれまた得意になって街中を闊歩するようになった。
映画好きな爺さんはその姿で映画館に行く。
当時は石原裕次郎のマドロス姿にパイプが超人気、爺さんはラクダももひき姿に真っ赤なマドロス帽を被り町内を闊歩すると、これまた超話題となり町中が色とりどりのマドロス帽にラクダももひき姿が大流行。
飲み屋も喫茶店も歩いている人々も色とりどりのマドロス帽にラクダももひきシャツ姿。
観光客は島え来るなり、ここは宇宙かと勘違いするほど。
大阪で会社を経営している社長が業績が上がらず悩んで旅行中、この光景を見ていきなり閃き、膝を叩いた。
社長は大阪へ帰るといきなりラクダファッションで出社。
警察も肌を露出してるわけでは無いので手が出せない。
社長はまた大の阪神ファンときている。
ラクダファッションにそれこそ縦縞をつけて甲子園球場へ応援に行く。
縦縞ラクダファッションの社長が応援に行くと、これまた完全に負けの試合が最終回に逆転勝利、連勝記録が話題となりこれまた球場全体がラクダファッションとなってしまう。

m1416 ラクダモモヒキ


南の島は一年中温暖な気候である。しかし朝晩は冷える。
武蔵爺さんは有り金はたいてラクダのモモヒキとシャツを買った。
着てみるとこれがやたら暖かい。早速周りへ自慢して歩いた。
あまりの自慢に隣の金持ち爺さんが、ほんだらオイラは2着買うべ、と言って買い、着てみる。
これまたあまりの暖かさにモモヒキシャツ姿で自慢をして回った。
それがいつの間にか島中の人達が老いも若きも次々とモモヒキシャツ姿で歩くようになった。
あたかも島中が宇宙人ではないかと思われる位の姿になってしまったのだ。
観光客は港に降り立つとびっくり。宇宙へ来たのかと勘違いする始末だ。
ビヤダル状の杖をついた婆さん、ボケで帰る家が分からなくなってしまい観光客に、私はどこへ帰ればいいかねーと尋ねた。
観光客は宇宙人のイメージがあったもんでつい天を指差した。
婆さんはいきなり怒り出し、私はまだ死ぬ訳にはいかない、と杖を振り回して追いかけた。
あれれ~と言う間に、婆さんは転倒して骨折してしまった
急いで救急ヘリを呼ぶが、当然事故なので警察も同乗してきたが、ヘリポートの周りの人達のラクタシャツ姿に何んだこれは、とびっくり。
とりあえずは怪我人をと急いで石垣島の総合病院へ運ぶ。

m1415 テレビ局入り


そしてテレビ局入り、いきなりテレシネ、マスター部門と言う、当時のIT最先端の心臓部へ配属されます。
1年後にIBMのコンピューターが導入され、コンピューター分野まで携わることになります。
あまりの変化にどうもついていけそうにもない、と悩み自信喪失状態。
その折、ココロ鏡を引っ張り出し、己の置かれている状態、立ち位置などココロ鏡に写し出し考えました。
人口700人の島から4万人の石垣島で高校3年間、そして東京で夜学2年後、放送局へ入ったのです。
そんな中で己のココロ鏡と対峙し、気がつくと島を出て5年後、自分の作った番組が北海道から沖縄まで、
そうです全国のお茶の間へ届く、気がついた時点で自分はいつの間にか1億人の人を相手にする立場の仕事をしていたのです。
自分のやった仕事が1億人の人が見ている、そうです1億人の人が見つめる舞台に立っていたのです。
例え端役ても通行人役でもいい。
何時の日か、まかり間違って一億人が見つめる主役に成るかも知れない、と馬鹿げた事を考え、
この仕事を生涯の天職として全うしようと決めたのです。

m1414 節目


そうです、ココロ鏡を呼び出す時、それは先程の禅の境地に入った状況で己をじっくり写し出す、
それこそ生きていく上で大事な事ではないだろうかと考えます。
私は20代からこのココロ鏡を引っ張り出し節目節目を確認して生きてきました。
人口700人前後の小さな島でランプで育ち、隣の人口当時4万人の石垣島へ渡る事が1番の夢でした。
石垣島には映画館が3つもありネオンも商店街も市場もあります。
高校出る事によって3年間その島で生活し、卒業と同時にテレビの仕事に興味があり上京します。
石垣島の高校には理系コースがないため商業科コースを卒業し今度はテレビの為、出直し理系科へ。
開設したばかりのカラーTV専門コースに通います。
食う為、昼間は力仕事、2年間夜間学校へ行きますがほとんど疲れ果てて勉強どころではありません。

m1413 優柔不断


一方的に自分しか主張しない人間がいたり、ただ周りに迎合。
こいつは人間では無いのではないかと思われるくらい優柔不断でどうしようもない人もいます。
やたらと人を嫉んだり、被害妄想的な発想の人がいたり、人が苦しい状況にある旨を喜んだりする人間がいたりします。
自分は悪くない周りがみんな悪いんだ、と主張する奴もいれば政治が悪い国が悪い。
自分は悪くない世の中が悪いなんて訳の分からない事ばかり言ってる人もあるかと思います。
さて自分は本当にどのような姿で周りに写っているのだろうか、仕事の上だとかあるいは家庭の中。
あらゆる方面から己を写し出すココロ鏡が大事ではないかと思います。
ココロ鏡は毎日引っ張り出す必要ありません。月に1度でいいからココロ鏡を呼び出し、
己がどのような人間なのか人物なのかを己の目で確かめ確認する、己のココロ鏡が大事ではないかと考えます。
自分は人間としてどうあるべきか、どのような姿であるべきか。

m1412 ココロ鏡


これからも己の人生ドラマを、どう展開させていくのか本気で考えるべきではないだろうか。
そして己との対話、己の人生ドラマの進行状況を写し出す上で最も大事なのがココロ鏡です。
皆さんは毎日鏡で己の姿を写し出し、見ているでしょう。
特に女性の方は手鏡などでその都度己の顔を写し、手直しをしたりするのは言うまでもありません。
私はここでもう一つの鏡の存在を提案いたします。
それはココロ鏡です。
己の顔だけではなく、己自身がどのような姿をしているのだろうか?
前後左右上下、あらゆる角度から己を立体的に見つめる、それを私はココロ鏡と呼びます。
己はどのような姿で写っているのだろうか、ケチなやつなのか、ガツガツした人間なのだろうか。
自分本位の人間では無いだろうか、
あるいは時の流れに逆らっている奴なのか、時の流れを捉えられる人間なのか女なのか。