m1395 パンツ略奪


と縋り付いての懇願。
帰り、スカート姿で駅の階段上下は出来ないとの事。
こう言う時こそ男にならなければ、と略奪されてしまった。
明美!もし蓋が割れ、お姫ちゃんが挟まれたらただ事では済まないぞ。
内鍵をかけられ、ギャーギャー騒がれたら救急車どころか、レスキュー隊だぞ!
翌日電話、パンツは後日のり付けアイロンをかけ返しますと。
バカ! 記念にやるよ、といってやった。
翌年末、明美はガンであっけなく他界した。
記念のアイロンパンツ履いてあの世へ行ったのかな・
合掌・・・
一昨年の6月、電車に乗っていてびっくりした。
二年前、いや一年前と車内の様子が激変しているのだ。
皆さん気が付いていたのか、殆んどの人が携帯を見ているのだ!
以前は携帯と言えば、耳に当てる物、と思っていたが、様子がちょっとの間に変わっているのだ。
メールであったり、ワンセグなのか、ともかく携帯が耳から目に変わっているのだ。
世の中に革命が起きているのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック