m1316 決断ができない


数年後、学が35歳になったころ、母親から嫁探し、お見合いの相手を見つけてほしいと頼まれた。
友人のためと思い、あちこちに声をかけ、2度も見合いをさせたが成立しなかった。
相手はなんの非の打ちどころもない。すばらしい女性で、成立しないということはおかしい。
本人を捕まえ、とことん本音を聞いてみるとびっくりした。
女は、自分の背負っている金、財産が目当てだ。
そんな女に子供ができ、子供にまで財産を持っていかれるかと思うと、どうしても決断ができない、という。
お金の亡者、呪縛に縛られた人間の頭の中というのは、そういうものか、と呆れ果ててしまった。
以後、ひかるは2度とお見合いの段取りはしかかったが、周りの友人も、同じ経験をしているから、誰1人として、学に結婚を進める人はもういなくなった。
学はゴルフが好きで、金に任せゴルフ場の会員権を北海道から九州までくまなく買いあさっていた。
先行投資で、いずれ倍、倍になると自慢していた。事実それは、ある程度倍くらいにまでなったようだが、しかしバブルがはじけてしまった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック