m1365 他所者


そんなある時、島に一人の男が立ち寄った。
手ぶらながら、ネクタイに背広姿、島人の姿とは違うので、明らかに他所者、旅人である。
他の客が船から降り終わった後、一人降りて来たが、人が群がっている所は避け、懐かしそうに探索している。
帽子をかぶり、サングラス、口ひげをはやしているが、そうだ、その男こそが四十年前、夜這い事件を起こした、昭二なのだ。
普通の人は、集落を結ぶ大きな通りを歩くのだが、昭二は防風林ぞいの小さなけもの道を、なつかしそうに回りを見ながら歩いていった。
自分の生まれ育った集落にさしかかったが、集落へ入ろうとはせず、そのまま通り過ごした。
四、五百メートルくらい行くと、そこは明子と出会った小さな森だ。
昔と殆んど変わっていない、自分が草刈をしていた場所と、明子が薪拾いをしていた所は、三十メートルくらいしか離れていなかったのだ。
ふくよかな明子の姿が脳裏をよぎる・・
なぜあの時、明子に声をかけられなかったのだろうか。今更ながら情けない。
しばらくして、昭二は、更に先へと進んだ。
そこには、明子の家があるのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック