m1340 半ボケ


皆さん、ハートアイランド、ご存知ですか。
沖縄本島から、南へ450キロ。周囲12キロという。ものの見事に、ハート型をした、小さな島がある。
黒島で、別名はハートアイランドと呼ばれている。
この島に、年齢は80歳を越した、いまだに独身の一人の爺ジーが居る。
頭は完璧にツルツル、ツルッ禿げだが、その分あごヒゲはもじゃもじゃ。
目は人一倍小さい。遠くから見ると、どう見ても、顔が上下逆回転だ。
いつも短パンツにランニング姿で、腹がポッコリと出ている。
年のせいか、半分ボケが入っている。
足腰は意外と丈夫でいつも自転車を乗り回し、昼間から島中を徘徊している。
見晴らしのいい、休憩所などで観光客がいると誰かれ構わず、
「どこから来たね~」と声をかけ回る。
爺ジーは若い頃、20年ほど大阪で仕事をし自分の生まれ育ったこの島へ、ふらりと単身戻ってきた。
観光客が名古屋から来た、というと、私は20年間名古屋で住んでいたといい。適当に話を合わせる。
別な観光客が、仙台から来たといえば自分は20年間、仙台に住んでいたことがある、と良い加減だ。
毎日が徘徊と、想像の世界である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック