m1329 ピーゾー


早い方が、勝ちだという訳だ。そういう意味では、ただ陸上で走りが早いだけではない。
水中をうまく、走るテクニック、方法が重要である。
また、船には、舳先に、ピーゾーと呼ばれる、棒高跳びの竿に匹敵する、竹のさおを付いて、漕ぎ手と、トウージーと呼ばれる、かじ取りと連携する。
返しの場合、ウーニーが、船からとび降りる合図を、かじ取りが出す。舳先のピーゾーと、かじ取りが、強引に船を方向転換しないと、ウーニーは、船の下敷になる。
そのタイミングが、危険極まりない状態だが、そのために、漕ぎ手に、指示を出し、ピーゾーに指示を出す。
飛び降りる瞬間をウーニーへ指示するのが、トウージーと呼ばれる、かじ取りの重要な役目だ。
また、Uターンをするとき、旗を船に取り込まなければ、失格である。
かなりスピードが出てる船で、旗を取れる状態で、Uターンさせる。
50センチでも離れれば、旗が取り込めない。そこが、トウジーの1番重要な役目だ。
前回、トウージーと、トウジ(妻)の話をしたが、その辺に、つながりがあるようだ。
このウーニーハーリーの方式は、ほかにはなく、日本国内ではこの黒島にしかない。
中国のハーリーにもない、なんでこの島にしかないのだろうか?
この島は、かなり古くから、他には影響されない、独自の文化があったのではないかと、推測する原点である。
昔から南の島に伝わる、このウーニー、トライアスロンの原点ではないだろうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック