c1015 自動ドア


昭和38年4月、1週間も船に揺られ上京。
沖縄は全国で、唯一電車のない県ですが、島には、車や耕運機すらなく、電車という乗り物は、初めての体験。
けたたましく責め立てるベルに、前の人に連られ、急いで乗り込みました。
すると、あまりにもタイミング良く、待っていたかのように、ゴロゴロ、とドアが背後で閉まったのです。
生まれて初めて見る自動ドア。
好奇心旺盛な少年は、ドアに目が付いているはずだ・・
ドアの目がどこに付いているのか、と探しておりました。
次の瞬間、電車は走り出したのです。
自然の息吹と共に、伸び伸びと育った、少年の初めての電車。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック