m1432 頭の隅


その後80まで生きたとしても20年間は果たして体が思ったように動くのか先の保証はありません。
そう考えてみると何をしなければならないのか、何の為にこの世に自分が生まれて来たのか、疑問が湧いてきます。
そんな中から一日でも無駄に出来ない、ワンカットの積み重ね、いわゆる鼓動哲学の原点を見出したのです。
あれから50数年、今74歳ですが自分ながらよくぞ己の鼓動と対話をし無駄のない日々を過ごして来たものだと感心しております。
これから世に出て活躍する若い人達に是非鼓動哲学、これを頭の隅に置いて自分の鼓動をどう使い切るか本気で考えて欲しい。
願いを込めて今回鼓動哲学を公表しました。
常に若かろうが年をとろうが鼓動という側面から己を見つめ、そして周りを見つめてワンカットワンカットの人生アルバムを積み重ねて欲しいと切に願うものです。
我々は普段哲学と言うと頭の問題、脳の事しか浮かんで来ませんが、その先には鼓動があります。
鼓動の上に脳があり、一輪の素晴らしい花が咲くのです。
鼓動が止まったらお終い、へったくれもありません。
だから原点を突き詰めた鼓動哲学が重要であると主張します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック