m1189 涙


光輝く瞳から流れ出る、あの大粒の涙は、どんな味がするのだろうか。
辛苦の、涙だろうか・・
歓喜の、涙だろうか・・
満足の、涙だろうか・・
忍耐の、涙だろうか・・
他人には分からない、自分一人の味でしょう。
流した涙は、人生のアルバムとして脳裏に収められ、何万回でも蘇って来る事でしょう。
そして、少年の求めた魔法の箱は、当時の状況下、あまりにも大きな夢でした。
好奇心旺盛なひかる少年は、諦める事なく、心に秘めて上京するにも、三千円の家賃さえ遅れがち。
オーバーが買えない、初めての冬、「沖縄だってね~、死んだ亭主のオーバーだから、着な、家賃は出世払いでいいよ!」と励まし、慰めてくれた大家のおばちゃん。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック